検索

黒木華:しっとり着物姿で洗練された大人の装い 鮮やかな帯でより華やかに

 俳優の黒木華さんが11月25日、パルテノン多摩(東京都多摩市)で行われた「第15回TAMA映画賞」の授賞式に出席した。最優秀女優賞に選ばれた黒木さんは、濃紺の和服姿で登場。山と鳥があしらわれた着物に鮮やかな菊柄の帯を合わせ、しっとりとした落ち着きと華やかさがある洗練された大人の装い。淡い色合いの花柄の半襟が、やわらかな雰囲気をプラスしていた。

 TAMA映画賞は、多摩市および近隣市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力あふれる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から表彰する。今回は2022年10月~2023年9月に劇場公開された作品が対象となった。

 黒木さんは、「せかいのおきく」「ヴィレッジ」「映画『イチケイのカラス』」「ほつれる」「#マンホール」の演技が評価され、受賞した。

 ほかに最優秀女優賞を「658km、陽子の旅」の菊地凛子さん、最優秀男優賞を「春に散る」「せかいのおきく」「仕掛人・藤枝梅安2」「大名倒産」「キングダム 運命の炎」「ファミリア」「映画 ネメシス 黄金螺旋の謎」の佐藤浩市さん、「エゴイスト」「劇場版『TOKYO MER~走る緊急救命室~』」の鈴木亮平さんが受賞した。

ファッション 最新記事

アクセス上位記事