検索
「第78回毎日映画コンクール」で女優助演賞を受賞した広瀬すずさん
1 / 9

「第78回毎日映画コンクール」で女優助演賞を受賞した広瀬すずさん

広瀬すず:透け感ドレス姿を褒められ「恥ずかしい」と照れ 毎日映コンで女優助演賞

 「第78回毎日映画コンクール」(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞主催)の表彰式が2月14日、めぐろパーシモンホール(東京都目黒区)で開催され、「キリエのうた」(岩井俊二監督)で女優助演賞を受賞した広瀬すずさんが登壇した。

 デコルテラインが透け感のあるシースルー素材のブラックドレス姿で広瀬さんは登場し、司会の生島ヒロシさんは「ステキな衣装!」と絶賛。同席した岩井監督も「素晴らしい。(記者の皆様)いっぱい写真を撮ってください」とうなずき、広瀬さんが「恥ずかしい、恥ずかしい……」と照れ笑いを浮かべる一幕もあった。

 映画は、歌うことでしか“声”を出せない路上ミュージシャン・キリエ(アイナ・ジ・エンドさん)ら、出会いと別れを繰り返す男女4人の13年間にわたる愛の物語を描いた。広瀬さんは、過去と名前を捨て、キリエのマネジャーを買って出る謎めいた女性を演じた。

 岩井監督は、広瀬さんについて「“いただき女子”みたいな役でしたけど、すてきに演じていただきました」と称賛。今回が2度目のタッグだったといい、「いろんなポテンシャル持っていると思うのですが、今度はぜひ120パーセント共鳴し合う役をお願いしようかな。広瀬すず全開の映画を」と3度目のタッグを早くも提案していた。

 毎日映画コンクールは、1946年に創設された国内で権威のある映画賞。各賞は、第一線で活躍中の映画評論家やジャーナリスト、専門家など約80人が選考。今回の受賞作は、2023年1月1日~12月31日に国内で14日間以上、有料で劇場公開された作品(アニメーション・ドキュメンタリー部門は、同期間に完成もしくは上映された作品)を対象に選出された。

写真を見る全 9枚

エンタメ 最新記事

アクセス上位記事