検索

森七菜:リボンブラウス×フレアスカートの上品コーデ 黒のコサージュでエレガント度アップ

 俳優の森七菜さんが3月7日、東京都内で行われた映画「四月になれば彼女は」(山田智和監督、3月22日公開)の完成披露試写会に出席した。首元の黒のリボンがアクセントになった白のブラウスに、黒のフレアースカート、厚底のサンダルを合わせた上品なモノトーンコーデだった。胸元に付けた黒のコサージュがエレガント度をアップしていた。

 映画は、作家・川村元気さんの40万部突破のベストセラー恋愛小説「四月になれば彼女は」の映画化。俳優の佐藤健さんが、婚約者との結婚を控えた精神科医の藤代俊を、長澤まさみさんが、結婚直前に謎の失踪を遂げる藤代の婚約者・坂本弥生を演じる。森さんは、学生時代の藤代の恋人で、世界中を旅する伊予田春を演じる。

 完成披露試写会には佐藤さん、長澤さん、ともさかりえさん、山田智和監督も出席した。

ファッション 最新記事

アクセス上位記事