検索
1 / 13

長澤まさみ:毎日9時間の猛勉強で中国語をマスター 監督&共演者も絶賛

 女優の長澤まさみさんが6日、東京都内で行われた台湾ドラマ「ショコラ」のDVD発売記念試写会に登場。初の海外ドラマ出演作で全編にわたり中国語のせりふを披露している長澤さんは「最初は中国語をしゃべることも、読むこともできなくて、発音から練習をした」と明かし、「2週間、毎日9時間も勉強して、大変な思いをしたけど、発音に関しては頑張ったと思う」と胸を張った。

 長澤さんの中国語について、台湾で17年間暮らしてきた北村豊晴監督も「僕よりもうまい」と絶賛。共演者で台湾人俳優のラン・ジェンロンさんも「長澤さんの中国語は監督よりもうまい。監督の中国語は、ここ10年間、上達していないからね」とおどけてみせた。

 長澤さんは台湾での撮影を振り返り「台湾の人は、日本人に本当に優しく接してくれて、日本の良さを逆に教えてもらった。食事もおいしくて、何も不自由なく、天国でした」とにっこり。共演のランさんについては「地方に行ったときに中学生のファンがいて、若い子たちにすごい人気。本当にスターなんだなって思った」と話し、「台湾語で『うるせー』って意味のスラング、あまり使ってはいけない言葉なんですけど、そういうのを教えてくれて、土地になじむようリラックスさせてもらいました」と冗談を交えながら感謝していた。

 またこの日は、ドラマの原作を手がけるマンガ家の窪之内英策さんも登場し、長澤さんとランさんに似顔絵を描いた色紙をプレゼント。長澤さんは「本当にうれしい」と大喜びしていた。

 「ショコラ」は、長澤さんが全編中国語のセリフで挑んだラブコメディー。長澤さんふんする日本育ちの音大生の千恵が、亡き母のかけおち相手で、ケーキ店を営む元ヤクザの組長と、その仲間たちと奇妙な同居生活をスタートさせ、衝突を繰り返しながらも、次第に元ヤクザの兄貴分シーウー(ランさん)に惹かれていく……というストーリー。16日にDVDのボックス1が発売され、2月4日にボックス2が発売される。各1万5000円(税抜き)。

写真を見る全 13 枚
Twitterでシェア

最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る