検索
名古屋市内で行われた映画「散歩する侵略者」の舞台あいさつに登場した長澤まさみさん
1 / 14

名古屋市内で行われた映画「散歩する侵略者」の舞台あいさつに登場した長澤まさみさん

長澤まさみ:怒っている役は「疲れました」 初共演・松田龍平は「ユーモアあふれる人」

 女優の長澤まさみさんが29日、名古屋市内で行われた映画「散歩する侵略者」(黒沢清監督、9月9日公開)の舞台あいさつに登場した。自身の役どころについて、「大半は怒っているんですけれど、愛情にあふれている人でもある。怒っている意味を、映画を見て感じてもらえたら、うれしい」と話し、司会者から演じるのは大変だったかと問われると「疲れましたね」と明かした。

 長澤さんは作品を「自分の大切なものはなんだろうと考えさせられました。今までに見たことのない映画」と表現。初共演した松田龍平さんの印象については「ユーモアにあふれていて、人のいいところを見るのが上手。(松田さんには)嫌いな人が少ないと思う。許容範囲が広くて誰とでも仲良くなれる。犬とも仲良くなれる」と語り、松田さんに「犬ってなんですか……」と苦笑いされていた。

 「散歩する侵略者」は、劇作家の前川知大さんが主宰する劇団「イキウメ」の人気舞台を映画化した作品。主人公の加瀬鳴海(長澤さん)の夫・真治(松田さん)が数日間の行方不明の末に、別人のように優しくなって帰ってくる。毎日ぶらぶらと散歩をするばかりの真治に、鳴海が何をしているのか問い詰めると「地球を侵略しにきた」と告白する……というストーリー。第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品された。

写真を見る全 14 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る