検索
劇場版アニメ「リメンバー・ミー」のジャパンプレミアに登場した松雪泰子さん
1 / 6

劇場版アニメ「リメンバー・ミー」のジャパンプレミアに登場した松雪泰子さん

松雪泰子:ノーカラーコートで大人のモノトーンコーデ

 女優の松雪泰子さんが、8日に東京都内で行われたディズニー/ピクサーの劇場版アニメ「リメンバー・ミー」(リー・アンクリッチ監督、16日公開)のジャパンプレミアに登場した。一つボタンの白いノーカラーコートに、黒いロングスカート、存在感のある黒いショートブーツと大ぶりのリング、イヤリングを合わせた大人のモノトーンファッションだった。胸元にはこの日の出席者とおそろいの花のコサージュを付けていた。

 イベントには、日本語吹き替えを担当した石橋陽彩(ひいろ)さん、藤木直人さん、橋本さとしさん、横山だいすけさん、日本版エンドソング「リメンバー・ミー」を担当したシシド・カフカさんと「東京スカパラダイスオーケストラ」(スカパラ)も出席した。シシドさんとスカパラが「リメンバー・ミー」を生演奏する一幕もあった。    「リメンバー・ミー」は、陽気でカラフルな死者の国を舞台にした作品。過去の悲しい出来事がきっかけで「音楽禁止」という厳しいおきてがある家に生まれたギターの天才少年ミゲルは、伝説のミュージシャン・デラクルスの霊廟(れいびょう)に飾られたギターを手に、先祖が家族に会いにくるという“死者の日”に開催される音楽コンテストに出る決意をする。そんな中、死者の国に迷い込んでしまったミゲルは、一族に隠された“秘密”に気づき、冒険を始める……というストーリー。同作は、米ロサンゼルスで5日(日本時間)に行われた「第90回アカデミー賞」で主題歌賞と長編アニメーション賞を受賞した。

写真を見る全 6枚
Twitterでシェア

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事