毎日キレイ

  1. HOME
  2. 本・シネマ イケメン モデル・女優
  3. 記事
本・シネマ,イケメン,モデル・女優

岩田剛典&土村芳:「去年の冬、きみと別れ」で共演 「土村さんのみぞ知る」一面も?

映画「去年の冬、きみと別れ」に出演した岩田剛典さん(左)と土村芳さん

映画「去年の冬、きみと別れ」に出演した岩田剛典さん(左)と土村芳さん

 公開中の映画「去年の冬、きみと別れ」(瀧本智行監督)で、主人公・耶雲恭介を演じたダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の岩田剛典さんと、盲目のモデル・吉岡亜希子を演じた土村芳さん。映画は、全編に伏線が張り巡らされたサスペンスで、序盤で無関係と思われる2人の関係性自体が結末に大きく関わっている。そんな2人に、お互いの印象や作品への思いについて聞いた。

 ◇亜希子は「B面を生きていた人物」

 「去年の冬、きみと別れ」は、「教団X」などで知られる芥川賞作家・中村文則さんのサスペンス小説が原作。野心的な若手記者・耶雲は、婚約者・松田百合子(山本美月さん)との結婚を間近に控え、最後の大勝負として女性焼死事件の元容疑者で天才カメラマンの木原坂雄大(斎藤工さん)に目を付ける。美しく怪しげな魅力を放つ木原坂を追ううちに耶雲は抜けることのできないわなにはまり、やがて百合子まで狙われてしまう……というストーリー。

 土村さんが演じたのが、物語の起点ともいえる女性焼死事件の被害者となった亜希子だ。ストーリーが進むにつれ、実は亜希子と耶雲は、生前に面識があったことが明かされる。土村さんは、自身の役どころについて「この物語の始まりというポジションをやらせていただいているので、すごく責任重大だなと思っていました。私の演じた亜希子は、物語をテープのA面、B面で例えると、B面を生きていた人物」と話し、演じる際は「B面を生きていなきゃいけないなというのがあったので、A面のことは忘れようと思いながらやっていたと思いますね」と振り返る。

 目が見えないという役どころを演じる上では、「実際に視覚障害を持った方と一日一緒に過ごす機会をいただきました。亜希子は、障害を持っているということを除いても、すごく自立した女性というか、すごく強さを持っている女性。私が一日を一緒に過ごした方も、やっぱりすごく強い方で、そういう経験があったからこそ、亜希子の強さを自分の中に作っていくことができたかなというのはありますね」と語った。

 そんな土村さんと初めて会った時、岩田さんは「品のある方」という印象を持ったという。「それが役にもつながっていて、亜希子はすごく品がいいですね。作品の中で、亜希子だけが違う空気をまとっている存在なんですけど、そこは土村さんに演じていただいたからこそだと思います」と思いを明かした。

 ◇岩田剛典を「初めて知ってもらう作品に」

 岩田さんが演じる耶雲は、亜希子が被害者となる事件が起こる前後、木原坂に取材する場面、婚約者の百合子と対するシーンなど、場面によってさまざまな表情を見せる。岩田さんは耶雲を演じる上で「一人で3役を演じているような感じ。一つの役でこんなにバラエティーに富んだ表情をやったのは今回が初めてでしたし、衝撃的な役でした」と振り返る。

 事件の真相に迫る記者という役については「僕は、取材を受ける機会が多いので、記者の皆さんの立ち居振る舞いを参考にすることもありました。ただ耶雲は、相手のペースに合わせるのではなくて、自分のペースでどんどん聞くタイプの記者。優しい記者ではないんですよね」と語り、「それって、ある種の違和感でもあるんですけど、その違和感を後々回収できるように逆算した芝居を心掛けました。物語の結末は決まっていて、最後にしたい表情もなんとなくイメージができていて、そこへ行くためにどんなストーリーを作るか。引き算というか、そういう取り組み方をしたのは初めてでしたね」とこだわりを語った。

 続けて、「この作品は、自分の印象やイメージがきっと変わるような、そういう作品になるんじゃないかなと期待をしていますし、初めて自分を知っていただく機会になるような、そんな気もしています」と手応えを感じているようだった。

 ◇完成後に気付いた岩田の「優しいまなざし」

 盲目の役を演じた土村さんは、「顔を見たり、目で相手の気持ちを伺ったりということが今回はできなかったので、それ以外の感覚を研ぎ澄ましていた」と話す。岩田さんとの2人のシーンでは「私は(岩田さんの)顔をほとんど見ることがなくて、どんな顔をしているんだろうなと思ったんですけど、完成した映像を見た時に、こんなに優しいまなざしを向けてくださっていたんだなと改めて感じることができた」という。

 撮影中、土村さんは「見えていない分、聞こえてくる吐息だったり、ちょっとした沈黙だったり、そういうところでこの人に全て委ねてしまおうというか、身を預けられる感覚になれた」と言い、岩田さんに信頼を寄せているようだった。それに対して岩田さんは「土村さんのみぞ知る感覚ですよね」と笑顔を見せた。

 そうしたこまやかな演技を含め、本作を「ごまかしのきかない作品」と表現した岩田さん。「自分の火加減次第で、見る人の感情移入の度合いが左右される割合が高いというプレッシャーを感じていましたし、すごく緻密な計算の上に成り立つ芝居を求められるなと。撮影中は、瀧本監督に『これで大丈夫ですか?』と確認したり、意見を求めたりして、本当に監督に助けていただきました。監督は自分の撮りたい絵がはっきりされているので、自分も迷わずに済むというか。監督を信じて進んだ。そんな撮影期間だったと思います」と振り返る。

 最後に岩田さんは「この作品は、すごく気合を入れて臨んだ作品。すごく邦画らしい、瀧本監督ワールド全開な作品なので、とにかく皆さんのリアクションが楽しみですね」と締めくくった。

 <岩田剛典さんのプロフィル>

 いわた・たかのり 1989年3月6日生まれ、愛知県出身。2010年に「三代目 J Soul Brothers」のパフォーマーとしてデビューし、14年に「EXILE」に加入。「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」(16年)で映画初主演。主な出演作にドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」(16年)、ドラマ「HiGH&LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.」(15年)から続く映画「HiGH&LOW」全シリーズ(16~17年)など。10月5日公開の「パーフェクトワールド」で主演を務める。

 <土村芳さんのプロフィル>

 つちむら・かほ 1990年12月11日生まれ、岩手県出身。大学在学中から劇団に所属し、ショートフィルム「QULOCO」(2009年)に主演、自主製作映画「ピカドン2」(2010年)のヒロインなどを務める。NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」(16~17年)で芳根京子さん演じるヒロイン・坂東すみれの親友・君枝役を演じた。主な出演作に映画「劇場霊」(15年)、「何者」(16年)など。

本・シネマ 最新記事

欅坂46:長濱ねるがほぼすっぴん&“彼パジャマ” ツアー公式本新カット公開

 アイドルグループ「欅坂46」の夏の全国アリーナツアー開催を記念した「KEYAKI ~2018 Summer ツアーメモリアルBO...

欅坂46渡辺梨加:初の連載スタート 第1回テーマは溺愛しているぬいぐるみ

 アイドルグループ「欅(けやき)坂46」のメンバーで、“ぺーちゃん”こと渡辺梨加さんが、レギュラーモデルを務める女性ファッション誌...

安室奈美恵:“一人の女性としての気持ち”を告白 「Numero TOKYO」で

 9月16日に引退する歌手の安室奈美恵さんが、27日発売の女性ファッション誌「Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)」(扶...

道重さゆみ:元モー娘。が“アイスのようにキュート”な装い 「LARME」初登場で

 元「モーニング娘。」の道重さゆみさんが、17日発売の女性ファッション誌「LARME(ラルム)」(徳間書店)035 Sepに登場し...

福山雅治:石田ゆり子と初共演で“大人の恋愛” 「マチネの終わりに」映画化

 芥川賞作家・平野啓一郎さんの恋愛小説「マチネの終わりに」(毎日新聞出版)が映画化されることになり、歌手で俳優の福山雅治さんと女優...

注目動画

アクセス上位記事