検索
連続ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の制作発表に登場した菜々緒さん
1 / 10

連続ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の制作発表に登場した菜々緒さん

菜々緒:GP帯初主演ドラマ主題歌に安室奈美恵の名曲 「ドッキリだと思いました」

 女優の菜々緒さんが9日、東京都内で行われたゴールデン・プライム帯初主演ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(日本テレビ系)の制作発表に登場。ドラマ主題歌に、1995年に発表され、新たにレコーディングされた安室奈美恵さんの楽曲「Body Feels EXIT」が使用されることが発表され、菜々緒さんは「これだけ長く愛された楽曲を初主演ドラマに使っていただいて、この作品も楽曲とともに長く愛される作品にしたいと思いました。7歳のころに発売された楽曲で、最初ドッキリだと思いました」とうれしそうに語った。

 ドラマは、冷酷非情な人事コンサルタント・椿眞子(菜々緒さん)が、大手保険会社を舞台にセクハラ、パワハラ、派閥争い、モンスター社員といった問題を、悪魔のような大胆な方法で解決していく1話完結のストーリー。

 この日のイベントには、共演者でアイドルグループ「Sexy Zone」の佐藤勝利さんや女優の木村佳乃さんのほか、和田正人さん、白石聖さん、鶴見辰吾さん、船越英一郎さん、西田敏行さんも登場。芝居をする上で気を付けている点について聞かれた菜々緒さんは、「緊張しないようにしています。“悪女”を超えた“悪魔”の役ということで、目上の方に堂々と発言するシーンも多く、緊張すると言葉や仕草で出てきちゃうと思うので」と話していた。

 新人社員で、眞子の部下・斉藤博史役の佐藤さんは「眞子に振り回される役なので、Mっぽく映るんですけど、共演者の皆さんにMっぽいのが好評で……」と明かし、「男なのにヒロインって呼ばれているので、ヒロインを背負って、斉藤博史の可愛らしさを出せるように頑張っていきたいと思います」と意気込みを語った。

 ドラマは14日から、毎週土曜午後10時に放送。初回は15分拡大版。

写真を見る全 10 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る