検索
映画「マスカレード・ホテル」の場面カット (C)2019映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (C)東野圭吾/集英社
1 / 1

映画「マスカレード・ホテル」の場面カット (C)2019映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (C)東野圭吾/集英社

マスカレード・ホテル:7日間で100万人突破 木村拓哉と長澤まさみの乾杯シーンを初公開

 木村拓哉さん主演の映画「マスカレード・ホテル」(鈴木雅之監督)が18日に公開され、24日までの7日間で観客動員数100万人、興行収入13億円を突破したことが分かった。2019年公開の作品としては最速の100万人突破で、最終興収は50億円を見込める大ヒットスタートとなった。

 併せて、木村さんが演じるホテルマンになり切って潜入捜査するエリート刑事の新田浩介と、長澤まさみさんが演じる新田の教育係となった優秀なホテルマン山岸尚美の“水と油”として最初は対立していた2人の距離が縮まったことを感じさせる、乾杯シーンの場面写真が初公開された。

 映画は、累計発行部数355万部突破を誇る東野圭吾さんの小説「マスカレード」シリーズの第1作が原作。東京都内で3件の連続殺人事件が発生し、警視庁捜査1課のエリート刑事・新田浩介(木村さん)は、事件現場に残された不可解な数字の羅列から、次の犯行がホテル「コルテシア東京」で起きるとにらみ、ホテルマンとして潜入捜査を開始。犯人逮捕が最優先の新田と、客の安全が最優先のホテルマン山岸尚美(長澤さん)が衝突しながらも事件の真相に近づいていく……というストーリー。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る