検索
“女子旅”番組「タビフク+VR」に出演するBENIさんとエリーローズさん
1 / 21

“女子旅”番組「タビフク+VR」に出演するBENIさんとエリーローズさん

BENI:エリーローズと山形を女子旅 こたつ舟で最上川下り、幻想的な“クラゲ水族館”でアカペラも…

 今年デビュー15周年を迎える歌手のBENIさんと、モデルで、DJとしても活躍するエリーローズさんが、27日放送のおしゃれ女子旅番組「タビフク+VR」(BS-TBS、水曜午後11時)に出演。BENIさんの人気曲「ギミギミ」のMVで共演するほど仲が良い2人が、山形・蔵王を旅する後編だ。

 松尾芭蕉が「奥の細道」の中で「五月雨をあつめて早し最上川」と詠った山形の母なる川、最上川。この最上川を下る最上峡芭蕉ラインは、「プロが選ぶ水上観光船2年連続第1位」という、世界的にも人気のこたつ舟による川下り。温かいこたつに入り、日本酒や山形の郷土料理を楽しみながら、最上峡の水墨画のような世界の中を舟で渡っていく。

 続いて、2人が向かったのは、江戸時代から北前船の交易で栄えた酒田。当時、山形の米や京友禅の染料となる紅花といった産物は、最上川から湊町・酒田を経て日本海に出て、下関、瀬戸内海を通って大阪や京都に運ばれていた。帰り荷として酒田に持ち帰られたのが、京友禅やひな人形など、多くの京文化だった。

 酒田の豪商たちは競って豪華なひな人形を買い、北前船に乗せて酒田に持ち帰ったため、人形の数、質において他の地域を圧倒するひな人形が酒田には残っている。酒田を代表する高級料亭「相馬屋」もそうした豪商の一つで、現在は「相馬楼」と名を変え、酒田舞娘の艶やかな踊りと昼食を一緒に楽しむことができる。2人も酒田舞娘とともに酒田甚句を踊る。

 最後に2人が訪れたのは、今回どうしても行きたかったという世界一のクラゲの水族館、鶴岡市立加茂水族館。旅の思い出に、BENIさんは美しく幻想的なクラゲ大水槽の前でエリーローズさんのためだけにアカペラで歌い……。

 「タビフク」は、「旅(タビ)」と「ファッション(フク)」をテーマに、プライベートでも仲のいいファッショナブルな女性タレントやモデル、歌手、女優ら20代女性の憧れるおしゃれ女子2人が若い女性に人気上昇中の国内を中心としたさまざまな「タビ先」を訪れる番組。2016年7月からTBSで放送され、4月からは新たに「VR」の要素を加え、BS-TBSで再スタート。番組中のさまざまなシーンで画面に表示されるQRコードをスマホで読み込むと360度VR動画を楽しめる。ナレーションは元「AAA(トリプル・エー)」の伊藤千晃さんが担当している。

写真を見る全 21 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る