検索
連続ドラマ「TWO WEEKS」で主演を務めている三浦春馬さん=カンテレ提供
1 / 4

連続ドラマ「TWO WEEKS」で主演を務めている三浦春馬さん=カンテレ提供

今週のイケメン:三浦春馬がドラマ主題歌テレビ生披露で「吐きそうでした」 田中圭&横浜流星が女性誌に 前編

 1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(7月23~29日)は、三浦春馬さんが音楽特番に出演して主演連続ドラマの主題歌を初披露した話題、田中圭さんと横浜流星さんが女性ファッション誌に登場した話題などが注目された。前後編で取り上げる。

 三浦さんが7月24日、生放送の音楽特番「2019 FNSうたの夏まつり」(フジテレビ系)で、自身の主演連続ドラマ「TWO WEEKS(トゥーウィークス)」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の主題歌「Fight for your heart」をテレビ初披露した。三浦さんは25日、同ドラマの撮影現場で「FNSうたの夏まつり」への出演を振り返り、「緊張で吐きそうでした、ホントに(笑い)」「ただすごく良い経験になりましたし、達成感があります。また、城田(優)君をはじめ、皆さんからねぎらいの拍手をいただき、今までにない喜びを感じました」とコメントした。

 「FNSうたの夏まつり」で披露した歌声やダンスに、SNSで大きな反響が寄せられたことについては「ドラマに関心を持ってもらえるきっかけとなる表現になれば、という思いで始めたことなので、それはすごくうれしいですし、ドラマに興味を持ってもらう人が増えてくれたらいいなと思います」とコメント。「作品への熱量は今までと変わらないのですが、自分の中で『FNS』での生歌唱はすごくプレッシャーで……(笑い)。それを乗り越えたことで、改めてモノ作りに集中し、さらに現場を勢いづけられたらと思います」と今後のドラマの撮影に意欲を見せている。

 「TWO WEEKS」は、同名の韓国ドラマが原作。殺人未遂の罪で服役し、毎日をただ刹那(せつな)的に過ごす中、殺人のぬれぎぬを着せられ逮捕された結城大地(三浦さん)が、白血病の娘はな(稲垣来泉ちゃん)を救おうとする2週間の逃亡劇を描いている。8月6日に第4話が放送される。

 田中さんと横浜さんが7月26日発売の女性ファッション誌「with(ウィズ)」(講談社)9月号に登場した。田中さんは表紙も飾り、ベージュのニットにチェックのパンツという装いで笑顔を見せ、ピースサインをしている。

 誌面には田中さんのインタビューが6ページにわたって掲載され、8月23日に公開される主演映画「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」(瑠東東一郎監督)で演じる“はるたん”こと春田創一について「春田はゲイじゃない。相手が牧だから好きになった」と話し、「春田が、絶対に“牧”だったのは台本にそう書いてあったからだけど、でも絶対に牧が林遣都で、春田が僕であったことも影響していると思う」とも語っている。ほかに最近の仕事や、共演者への思いなども語っている。

 横浜さんは、5ページにわたって登場。自身の名前の頭文字「R」「Y」「U」「S」「E」「I」のアルファベットと共にさまざまなポーズを決め、自身の原点と転機、座右の銘、田中さんと出演している放送中の連続ドラマ「あなたの番です-反撃編-」(日本テレビ系、日曜午後10時半)などについて語っている。同作が初共演となった田中さんについては「テレビなどで拝見していたイメージ通りの優しいお兄さん」「本当に学ぶことが多い先輩」と印象を語り、「貫禄が出る大胸筋の鍛え方を教わりたいな」とちゃめっ気たっぷりに語っている。

 またファンからの問い合わせが多かったという横浜さんの過去の企画の一部を公開。昨年と今年の活躍の軌跡を振り返り、当時の撮影エピソードや横浜さんのコメントを加えて紹介している。

写真を見る全 4 枚
Twitterでシェア

イケメン 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る