検索
読売テレビ提供
1 / 2

わたし旦那をシェアしてた:第9話 最終章突入 夏木マリ、平山浩行の殺害依頼をした女と確信し…

Twitterでシェア

 女優の小池栄子さん主演の連続ドラマ「わたし旦那をシェアしてた」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第9話が8月29日放送される。茜(岡本玲さん)は、赤いワンピースを着て出かける。それを見かけた晴美(小池栄子さん)は声をかけ、一緒に食事をすることに。文江(夏木マリさん)は美保(渡辺真起子さん)から、恭平(平山浩行さん)の殺害現場で赤いワンピースを着た女を見たと秀明(赤楚衛二さん)が証言したと聞かされる。

 晴美と茜が食事をしていると文江が来て、茜に「指輪はどこ?」と尋ねる。文江は、茜こそが恭平の殺害依頼をした女だと確信していた。茜が犯人だと思いたくない晴美はかばう。文江は、晴美と加奈子(りょうさん)に「茜を許せるかどうか」という課題を出す。

 晴美は、加奈子と話し合い、どうすればいいのか悩む。そこに茜が来て、双子の息子・娘、慎吾と慎香がいなくなったと訴える。2人は文江に連れ去られてしまったのだった。文江は、行き先と思われる住所を残していた。茜は、2人が文江に殺されると思い込み、取り乱すが……!?

 ドラマは、同じ男性・恭平を愛した3人のシングルマザー、森下晴美(小池さん)、小椋加奈子(りょうさん)、藤宮茜(岡本さん)が、恭平の遺言で、シングルマザー専用のシェアハウス「シングシングハウス」で同居することになり、“夫”の遺産を巡って戦い、数々の謎に巻き込まれていくミステリー。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る