検索
10月20日スタートの連続ドラマ「グランメゾン東京」のプレミアム試写会に出席した木村拓哉さん
1 / 5

10月20日スタートの連続ドラマ「グランメゾン東京」のプレミアム試写会に出席した木村拓哉さん

木村拓哉:フランス大使公邸で未来の料理人たちにエール「夢つかんで」

 木村拓哉さん主演で10月20日にスタートする連続ドラマ「グランメゾン東京」(TBS系、日曜午後9時)のプレミアム試写会が18日、フランス大使公邸(東京都港区)で行われ、木村さん、鈴木京香さん、沢村一樹さんがサプライズで登場した。イベントには、服部栄養専門学校の生徒40人を含む100人が参加し、会場に木村さんたちが現れると大歓声と拍手が湧き起こった。

 今作で型破りなフレンチのシェフ・尾花夏樹を演じる木村さんは、会場の服部栄養専門学校の生徒たちを見つけると、「僕も皆さんと同じ服部栄養専門学校の先生に、24年間お世話になりました」とコメント。イベントの最後には「胸を張ってシェフになってほしい。夢をあきらめないでつかめるものはつかんでください。つかんだときには(お店に)お邪魔させてください。すてきな料理人になってください!」とエールを贈っていた。

 また、木村さんは劇中で使用している包丁についても言及。「ナイフのセットは、コックスーツを着ている人には分かると思いますが『高村刃物製作所』にオーダーさせていただきました。尾花夏樹として、柄が赤く黒みのあるナイフを作ってもらいました」とこだわりも語った。

 イベントには、ローラン・ピック駐日フランス大使、ミシュランの三つ星を獲得したフレンチレストラン「カンテサンス」のシェフ岸田周三さんも出席。木村さんは、沢村さん、鈴木さん、ドラマに出演する及川光博さんの4人で「カンテサンス」に食事に行ったエピソードを披露しながら「4人とも役の目線で、お花、料理、ナイフなどを見て、吸収した。楽しい時間でした。食事を終えたら(テーブルに)岸田さんが来てくださって。最高でした」と振り返った。

 ドラマは、パリにオープンさせた自分の店が二つ星を獲得したものの、己の慢心から招いた重大事件によって、店も仲間も全て失いどん底まで転落した尾花が、女性シェフの早見倫子(鈴木さん)と出会い、東京で世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。初回は25分拡大版。

写真を見る全 5 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る