検索
“女子旅”番組「タビフク+VR」に出演する平祐奈さん(右)と優希美青さん
1 / 8

平祐奈:優希美青と佐賀を女子旅 有田焼の町に建つ宮殿、唐津の絶景スポットへ

 女優の平祐奈さんと優希美青さんが、10月23日放送のおしゃれ女子旅番組「タビフク+VR」(BS-TBS、水曜午後11時)に出演。平さんが自宅に不在の時には、優希さんが留守番をするほど家族のように仲が良いという2人が、佐賀県を訪れる旅の後編だ。

 2日目にまず訪れたのは、有田で唯一、職人の作業現場が見学できる有田焼の窯元「源右衛門窯」(同県有田町)。有田焼は、1人の作家が作品を仕上げるのではなく、完全分業制で作られており、2人は一人一人の職人技に感銘を受ける。さらに、窯元ならではの薪窯の中を案内してもらう。その後は、「陶山神社」(同)を参拝し、歴史とロマンをたどる。“御朱印集め”が趣味の2人は、陶山神社の御朱印を書いてもらう。

 そして、2人は有田焼の町で驚くようなものに出合う。ドイツの有名な宮殿「ツヴィンガー宮殿」の複製が建つ「有田ポーセリンパーク」(同)。有田焼体験や酒造見学など、器とお酒を楽しむことができるテーマパークだ。有田町はマイセン磁器で知られるドイツのマイセン市と姉妹都市で、磁器の歴史を知ると、なぜドイツの宮殿が有田にあるのかが分かってくる。2人はここで、明治6(1873)年に開催されたウィーン万博に出品され、世界中の人を驚かせたという有田焼を鑑賞。宮殿や有田焼を見て、2人が感じたこととは……?

 最後に2人は、「虹の松原」を一望できる絶景スポットの鏡山展望台(同県唐津市)へ。福島で東日本大地震に遭遇、被災した経験のある優希さんは、ホリプロスカウトキャラバンを受け、芸能界を目指した理由といま思うことを赤裸々に語る。

 「タビフク」は、「旅(タビ)」と「ファッション(フク)」をテーマに、プライベートでも仲のいいファッショナブルな女性タレントやモデル、歌手、女優など、20代女性の憧れるおしゃれ女子2人が、若い女性に人気上昇中の国内を中心としたさまざまな「タビ先」を訪れる番組。2016年7月からTBSで放送され、2018年4月からは新たに「VR」の要素を加え、BS-TBSで再スタート。番組中のさまざまなシーンで画面に表示されるQRコードをスマホで読み込むと360度VR動画を楽しめる。ナレーションは元「AAA(トリプル・エー)」の伊藤千晃さんが担当している。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る