検索
NHK提供
1 / 5

松雪泰子:柄アイテムでモノトーンコーデにアクセント 連ドラ「ミス・ジコチョー」の装いに注目

 女優の松雪泰子さんが主演する連続ドラマ「ドラマ10『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』」の第5話が、NHK総合で11月15日午後10時から放送される。松雪さんが演じるおきて破りで自分勝手な天才工学者・天ノ真奈子(あまの・まなこ)の第5話の装いを取り上げる。

 真奈子は黒縁めがねと長い三つ編みヘアがトレードマーク。今回は、黒っぽいジレをモノトーンの幾何学模様アイテムや黒×白のストライプトップスに合わせたスタイルのほか、左右のチェックのサイズが異なる紺×黒のアウターを羽織り、黒いVネックのシンプルなトップスとグレーのパンツ、スニーカーを合わせたコーデなど、柄アイテムでモノトーン系のコーディネートにアクセントをつけている。

 また予告では、ブラウンのキャスケットに、サングラス、パープルやブラウン、グレーなど落ち着いたカラーのマルチストライプのアウターを着た姿も見せている。

 ドラマは真奈子が、さまざまな事故を第三者の目で調べる「事故調査委員会(事故調)」に招かれ、秘められた真相に挑むミステリーエンターテインメント。真奈子の助手・野津田燈役で堀井新太さん、真奈子の秘書・辻留志保役で須藤理彩さん、真奈子の助手・西峰郁美役で高橋メアリージュンさん、真奈子の母・南雲喜里子役で余貴美子さんが出演している。

 第5話は、第4話(8日放送)との前後編。とある病院で心臓手術の結果、患者が死亡する。真奈子は病院に隠ぺいの疑いを持つが証拠は無く、事故調の委員長である守康(寺脇康文さん)とも対立し、大苦戦。手術の再現実験も失敗した。しかし謎の電子メールで手術中に心臓が突如炎上する動画が送られてくる……と展開する。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る