検索
「2020ミス・インターナショナル」日本代表選出大会で着物審査に臨む寺内千穂さん
1 / 41

「2020ミス・インターナショナル」日本代表選出大会で着物審査に臨む寺内千穂さん

2020ミス・インターナショナル:日本大会でファイナリスト46人が振り袖姿で華やかに

 世界3大ビューティーコンテストの一つ「2020ミス・インターナショナル」の日本代表選出大会が11月26日、東京都内で開催され、書類審査と予選会などを経て選ばれた46人が出場。着物審査では、色とりどりの振り袖姿の出場者たちが次々と登場し、会場は華やかな雰囲気に包まれた。

 日本代表選出大会では、着物審査のほか、水着やドレスの審査などを経て代表を決定。栃木県出身の会社員、寺内千穂(てらうち・ちほ)さん(26)がグランプリに輝き、日本代表に選ばれた。26歳は歴代最年長となる。

 審査員はファッションデザイナーの芦田多恵さん、作家の中谷彰宏さん、2018ミス・インターナショナル日本代表の杉本雛乃さんらが務め、2019日本代表で、故・岡田眞澄さんの娘の岡田朋峰(ともみ)さんもプレゼンターとして登場した。

 ミス・インターナショナルは、ミス・ワールド、ミス・ユニバースに並ぶ世界3大ビューティーコンテストの一つで、1960年に誕生して2020年で60回目を迎える。2012年に吉松育美さんが世界大会で優勝し、日本人初のミス・インターナショナルに輝いている。

写真を見る全 41 枚
Twitterでシェア

ビューティー 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る