検索
ファースト写真集「BASIC」のお渡し会を行った「劇団EXILE」の町田啓太さん
1 / 5

ファースト写真集「BASIC」のお渡し会を行った「劇団EXILE」の町田啓太さん

町田啓太:29歳で初写真集発売「不思議な気持ち」 地元・群馬の魅力も語る

 「劇団EXILE」の町田啓太さんが12月1日、東京・渋谷の「HMV&BOOKS SHIBUYA」でファースト写真集「BASIC」(光文社)のお渡し会を行った。町田さんは、29歳で初めてとなる写真集の発売に「10代から20代前半の若かりし頃を残すのが写真集なのかと思っていたので、不思議な気持ちです」と心境を語った。

 お気に入りのカットを聞かれると、裏表紙の写真と、子供の頃に行っていたという出身地・群馬県にある駄菓子店でのカットをセレクト。「当時から本当にお世話になっていたおじちゃん、おばちゃんにもお会いして『こんなに小さかったのにね』って言われながら、その後に袋いっぱいにお菓子をくれて。子供の頃からの夢がかなった写真でもあります」と笑顔を見せた。

 写真集には小学校の恩師や幼少からの友人との対談も掲載されており「いろいろと話してくれて、僕が忘れていた記憶もたくさん呼び起こしてくれました。昔の淡い青春時代の話もあるから、すごくドキドキしました」と振り返った。また群馬県の良さを聞かれると「人が少ないから、本当にゆっくりできるところ。(群馬に)帰って同級生たちと会うと初心に返れるので、すごく好きです」と話した。

 また、20歳で芸能活動をスタートさせた町田さんは「来年で30歳になるので、今回の写真集でいい振り返りをさせてもらえました。これから頑張って行かなきゃなと、火がついた1年でもありました」と熱く語った。

 写真集は、東京・新宿のゴールデン街で飲み歩く姿など大人の表情を撮影した新宿編と、群馬県で学生時代の思い出の地を巡ってくつろぐ、少年のような素顔を切り取った群馬編の2部構成。1万字のロングインタビューも掲載されるほか、約20分のメーキングDVDが付く。A4変形判、136ページで価格は2700円(税抜き)。

写真を見る全 5 枚
Twitterでシェア

イケメン 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る