検索
「MOET&CHANDON CHRISTMAS POP-UP 2019」オープニングセレモニーに出席した冨永愛さん
1 / 15

冨永愛:「グランメゾン東京」で好演 「地上波のドラマはすごくチャレンジング」

Twitterでシェア

 モデルの冨永愛さんが12月11日、東京都内で行われた「MOET&CHANDON CHRISTMAS POP-UP 2019」オープニングセレモニーに出席。連続ドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)に雑誌編集者のリンダ・真知子・リシャール役で出演している冨永さんは、ドラマは「まだ撮影中」と明かし、「地上波のドラマはすごくチャレンジングで勉強になった年末だった」と振り返った。

 さらに、同作について「来年もぜひ機会があれば俳優の方をやりたいなと思えるくらい、すごくいいスタッフさん、キャストさんに恵まれました」とコメント。2019年について「VOGUEの賞をいただいたり、ドラマをやらせていただいたり、新しいチャレンジがあって非常にやりがいのある1年だった」と充実の表情で振り返っていた。

 「MOET&CHANDON CHRISTMAS POP-UP 2019」は、シャンパン「モエ アンペリア」の生誕150周年を迎えたホリデープロモーション。東京・横浜・大阪の3カ所で開催される。この日、冨永さんは東京会場である銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM(東京都中央区)を訪れ、オープンを祝した。

 この日の冨永さんは「クリスマスなので」と真っ赤なロングドレス姿を披露。初めて見たというシャンパンパワーに自らの手で「モエ アンペリアル」を注ぐと、「楽しいです」と笑顔を見せた。今年のクリスマスの過ごし方を聞かれると、「いつもどおりですが家族と一緒に。あと毎年ローストチキンを焼くので、今年もまたチキンを地味に焼こうかな」と明かした。東京会場のホリデープロモーションは12月25日まで。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る