検索
1 / 15

中条あやみ:主演映画「水上のフライト」でパラカヌーに挑戦 意外な才能に驚き「気づいたら速くこげるように」

Twitterでシェア

 モデルで女優の中条あやみさんが12月12日、東京都内で行われた新たな映像クリエーターの発掘を目的としたコンペティション「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM(TCP) 2019」内の新作披露会に登場した。中条さんは、2017年のTCPの審査員特別賞受賞作を映画化した「水上のフライト」(兼重淳監督、2020年公開)で主演を務め、パラカヌーに初挑戦。「練習で乗ることができなくて映画が成り立つのか心配に……」と苦労したことを明かし、「撮影がタイトで、(カヌーに補助の)浮き輪をつける時間もなく追い込まれる状況にあって。気づいたらすごく速くこげるようになっていた」とみるみるカヌーの腕前が上達したことを語った。

 新作発表会には、兼重監督、今作の企画・脚本を手がけ、「超高速参勤交代」シリーズや「引っ越し大名」などで知られる土橋章宏さんも出席。カヌーの練習風景の映像が会場に流れ、中条さんが、「普通にこいでいるように見えますけど、あんなに細いボートに乗るだけの練習があり、乗ることすらできないところから始めた」と振り返ると、兼重監督は、「ピアノ線で引っ張ったり合成したりをしなきゃいけないと思っていた」と本音を口にした。

 しかし、「(中条さんは)運動神経が良くて。東京オリンピックの次のオリンピックは本気を出せば行けるのではとコーチに言われていた」と兼重監督は絶賛。それを聞いた中条さんは、「まだ筋トレも続けています。オファー来ないかなって(笑い)」とちゃめっ気たっぷりに話していた。

 新作発表会では、映画「裏アカ」(2020年公開)の加藤卓哉監督も出席。またこの日は「TCP 2019」最終審査会も行われ、特別審査員として寺島しのぶさんが参加した。

モデル・女優 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る