検索
(左から)山本美月さん、北川景子さん、天海祐希さん
1 / 1

北川景子:ロングヘアばっさりでショートに 山本美月、天海祐希も イメチェン女優に注目

Twitterでシェア

 昨年、女優の北川景子さんが2003年の芸能界デビュー以来、初めてのショートヘアになると、SNSでは「宝塚(歌劇団の男役)みたいでかっこいい」「イケメン!」という声が相次いだ。ほかに女優の山本美月さんもロングヘアをカットしてショートヘアになり、天海祐希さんもボブヘアからショートヘアにイメチェン。3人はいずれも役作りのため髪を切ったと明かし、新たなビジュアルで公認心理師、ミステリーマニア、天才脳外科医役に挑む。

 ◇北川景子は自ら最初にはさみを入れ… 「迷いなんてなかった」

 北川さんは、2021年公開の主演映画「ファーストラヴ」(堤幸彦監督)の役作りのため、ショートヘアにした。映画は、島本理生さんの同名小説(文藝春秋)が原作で、北川さんは女子大生による動機なき殺人事件の真相に迫る、主人公の公認心理師・真壁由紀(まかべ・ゆき)を演じる。女子大生の心理を解明していくうち、由紀自身が心の奥底にしまい込んでいた“ある記憶”が暴かれていく……というサスペンスミステリーだ。

 原作の設定に合わせ、北川さん自身の発案で髪を30センチ以上ばっさりとカット。自ら最初にはさみを入れたといい、「別人になれた気がします。髪を切ったことで、由紀というキャラクターにちゃんとなれた」とコメントしている。

 すでに昨年12月発売の月刊美容誌「VOCE(ヴォーチェ)」(講談社)2月号や、アラサー女性向けファッション誌「GINGER(ジンジャー)」(幻冬舎)2月号にもショートヘアで登場。「GINGER」ではロングヘアからショートヘアへの大変身について「迷いなんてまったくなかった。さっぱりしました」と語っている。

 ◇山本美月は「外国の少年風」に 「もう乾かさなくてもいいんだー!」

 山本さんは今年1月9日にスタートする主演連続ドラマ「ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)のために、ロングヘアを35センチカットしてショートカットになった。山本さんがショートカットにするのは、小学生2年の時以来で、約20年ぶり。カットした髪は、医療用かつらを制作している団体に寄付する予定という。

 ドラマは水生大海さんの「ランチ探偵」シリーズ(実業之日本社文庫)が原作。山本さんは、人付き合いが苦手な変わり者で、ミステリーマニアのヒロイン・天野ゆいかを演じる。天野ゆいかが“ランチ合コン”を舞台に、合コン相手にまつわる謎を解き明かす1話完結の新感覚ミステリー。

 山本さんは「ずっとショートヘアになるきっかけを探していた」といい、レギュラーモデルを務める女性ファッション誌「SPRiNG(スプリング)」(宝島社)の編集部と、ヘアスタイリストが相談を重ね、「外国の少年風」というワードから、軽さと丸みのあるシルエットのショートヘアに仕上げた。昨年12月に発売された同誌2月号の巻頭ページでもショートヘア姿を披露している。

 新しいヘアスタイルについて山本さんは「前髪は少し長めにし、ミステリアスな雰囲気を残しています。ジーッと人の目を見つめる癖や、突然しゃべり出したりするなど、少し人と違った不思議なリズム感を話し方や仕草で出していければ」とコメント。また「(長い髪を)もう乾かさなくてもいいんだー!」と喜んでいる。

 ◇天海祐希はボブからショートヘアに 天才脳外科医の役作りで

 天海さんは、今年1月11日にスタートする主演連続ドラマ「トップナイフ ―天才脳外科医の条件―」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)の役作りのため、ボブヘアだった髪を20センチほどばっさりとカット。天才脳外科医の深山瑤子(みやま・ようこ)を演じる。天海さんが天才脳外科医を演じるのは初めて。

 ドラマは、外科医の中でも一握りの「手術の天才」が集う脳外科が舞台。天海さん演じる深山は、脳動脈瘤(りゅう)のスペシャリストで、患者の命を第一に考えている。しかし、その裏では家族を捨てたという罪悪感を抱えていて……というキャラクター。0.1ミリの手元の狂いが患者の生死を分けてしまうというプレッシャーと闘う、最高の医師「トップナイフ」たちによる医療ドラマであり、医師たちが抱える秘密を巡る群像劇も展開する。

 大胆にイメチェンをした女優たちが、今年も新たな顔を見せてくれそうだ。

ビューティー 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る