検索
映画「仮面病棟」のビジュアル(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
1 / 1

映画「仮面病棟」のビジュアル(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会

今週シネマ:3月6日公開の映画「仮面病棟」「Fukushima 50」「星屑の町」「おいしい給食」…話題作続々

 今週公開される映画の注目作をピックアップする「今週シネマ」。3月6日は、俳優の坂口健太郎さん主演の「仮面病棟」(木村ひさし監督)、俳優の佐藤浩市さん主演の「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」(若松節朗監督)、女優ののんさん主演の「星屑の町」(杉山泰一監督)、俳優の市原隼人さん主演の「劇場版 おいしい給食 Final Battle」(綾部真弥監督)が公開された。

 「仮面病棟」は、「任侠学園」や「屍人荘の殺人」(共に2019年)の木村監督が、現役医師で作家の知念実希人さんの同名小説(実業之日本社文庫)を映画化。ピエロの仮面をつけた凶悪犯に占拠された病院を舞台に、捕らわれの身となった医師や看護師、入院患者たちの脱出劇が描かれる。映画単独初主演の坂口さんの男前な演技が見どころ。ミステリー映画初挑戦の永野芽郁さんが扮(ふん)するヒロインのおびえた表情も新鮮だ。そこここに仕掛けられた伏線が終盤に向かって回収されていく。

 「Fukushima 50」は、2011年3月11日、東日本大震災の大津波に襲われた福島第一原子力発電所(イチエフ)で起きた“真実”を、ジャーナリスト、門田隆将さんのノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫)を基に描く。「Fukushima 50」は、海外では英雄視された現場の作業員50人。佐藤さんが1・2号機当直長の伊崎利夫、渡辺謙さんがイチエフの所長・吉田昌郎を演じ、吉岡秀隆さん、緒形直人さん、火野正平さん、平田満さん、萩原聖人さん、佐野史郎さん、安田成美さんらが出演する。

 「星屑の町」は、1994年の初上演以来約25年間愛されてきた舞台「星屑の町」シリーズを映画化した。のんさんが行動力にあふれた夢見る田舎娘のヒロインを好演している。大手レコード会社社員だった山田修(小宮孝泰さん)ら売れないムード歌謡コーラスグループ「山田修とハローナイツ」は、ベテラン歌手のキティ岩城(戸田恵子さん)と地方を回りながら細々と活動を続けていた。そんなある日、ハローナイツのメンバーは東北の田舎町で歌手になることを夢見ている久間部愛(のんさん)と出会う。愛はハローナイツに入りたいと直訴し、大騒動の末に加入するが……というストーリー。

 「劇場版 おいしい給食 Final Battle」は、1980年代の中学校を舞台に、給食マニアの教師・甘利田幸男(市原さん)と生徒の神野ゴウ(佐藤大志さん)が、「どちらがよりおいしく給食を食べるか」というバトルを繰り広げるコメディー。テレビ神奈川ほかで昨年10月期にテレビドラマが放送された。映画では、学校から給食がなくなるとの知らせを聞いた甘利田とゴウが奮闘する姿を描く。女優の武田玲奈さん、人気ユニット「BOYS AND MEN」(ボイメン)の辻本達規さん、水野勝さんらも出演する。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る