検索
ドラマ「恋はつづくよどこまでも」の第9話のワンシーン(C)TBS
1 / 18

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」の第9話のワンシーン(C)TBS

佐藤健:上白石萌音を優しくベッドに… 「恋つづ」キスシーンに視聴者興奮

 連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、火曜午後10時)の第9話が3月10日に放送され、佐藤健さん演じる“ドS”ドクター・天堂浬(かいり)が、上白石萌音さん演じる佐倉七瀬を優しくベッドに押し倒して、キスをする場面が登場。「このキスシーンはやばい」「今までのキスシーンのなかで一番やばかった」「恥ずかしすぎて見てられん」と、大興奮する視聴者が続出した。

 ドラマは、円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作。偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会って恋をした七瀬は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れて看護師に。念願かなって5年越しに再会した天堂は、毒舌ばかり吐く超ドSなドクターで通称「魔王」と呼ばれていた……。天堂に素直な思いを伝え続け、くじけず突き進む「勇者」の七瀬と、「魔王」天堂の恋模様を描いている。

 第9話では、鹿児島の小さな診療所で、看護師として新たな生活を始めていた七瀬を迎えに、天堂がやって来る。ひょんなことから、天堂を家族に紹介することになるが、結婚のあいさつだと舞い上がる佐倉家をよそに、「先生に好きって言ってもらったことがない」と気づいた七瀬は不安な気持ちに……。

 そんな中、天堂から“何もされていない”ことを気にする七瀬は、自分に色気がないのかと悩み、天堂に“クリーム祭り”を提案。部屋にキャンドルを用意し、大人っぽくドレスアップした姿で天堂を迎えた七瀬は、「暑くないですか? 汗かいてきちゃった」などと、天堂を誘おうと試みる。

 そんな七瀬に、「へたくそ」とあきれながらも、天堂は「お前、俺がどんだけ我慢してると思ってんだ」と言って、七瀬を優しくベッドに押し倒し、左手を顔に添えながら、激しめにキス。「今夜は眠れると思うなよ……」と告げて……という展開だった。

 SNS上には「佐藤健の色気にやられた」「色気が! だだ漏れすぎ!」「佐藤健の大人の色気」「佐藤健の色気、エロい」といったコメントが並び、「見てる視聴者は眠れないです」「ため息しか出ないくらいキスが美しい」といった声も上がっていた。

写真を見る全 18 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る