検索
4月4日に放送される「サワコの朝」に出演する高畑充希さん=MBS提供
1 / 4

4月4日に放送される「サワコの朝」に出演する高畑充希さん=MBS提供

高畑充希:実は今でも「カメラを向けられているのが怖い」 意外な素顔や幼少期のエピソードを告白

 女優の高畑充希さんが、エッセイスト・阿川佐和子さんのトーク番組「サワコの朝」(MBS・TBS系、土曜午前7時半)の4月4日の放送分に出演する。演技派女優として数々の作品に出演する高畑さんが、幼少期のエピソードや意外な素顔を明かす。

 15歳でミュージカル「ピーターパン」の主役に抜てきされ、17歳の時には舞台「奇跡の人」でヘレン・ケラー役を熱演するなど元々は舞台で力をつけてきた高畑さん。幼少期は1人で舞台のモノマネをして遊ぶほど、とにかく舞台が大好きだったと振り返る。

 一方で「人の先頭に立つとか、学級委員長をやるとかには、めちゃくちゃ程遠い学生だった」と語り、大舞台で活躍する今の自分を「こんな未来が待っているとは想像していなかった」と話す。実は今でも「カメラを向けられているのが怖い」といい、映画でもドラマでもカメラが怖いという、意外な素顔も明かす。

 サプライズで、高畑さんの憧れの女優からのメッセージ映像も放送される。3年前、ギリシャ悲劇「エレクトラ」で初共演した2人は憎しみ合う母と娘の役を演じ、舞台の上では激しくののしり合ったという。映像では共演時のエピソードが語られる。

 番組は、インタビューの名手、阿川さんが、俳優、女優、タレント、スポーツ選手、文化人らを招き、トークを繰り広げる。ゲストのお気に入りの曲も紹介している。

写真を見る全 4 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る