検索
4月11日に放送される「サワコの朝」に出演する風吹ジュンさん=MBS提供
1 / 6

風吹ジュン:女優として「終わった」と思ったトラブル、衝撃的な少女時代を明かす 故・樹木希林さんとのエピソードも

Twitterでシェア

 女優の風吹ジュンさんが、エッセイスト・阿川佐和子さんのトーク番組「サワコの朝」(MBS・TBS系、土曜午前7時半)4月11日放送回に出演する。

 1973年にユニチカのマスコットガールに選ばれ、翌年にはアイドル歌手として活動を開始、更に女優としても活動を始めた風吹さん。しかしデビュー当時は歌に対して複雑な思いを抱いていたといい、辞表を出したことがあると告白。女優として「終わったな」と思うようなトラブルに巻き込まれたことがあったという。その時に手を差し伸べてくれたという故・樹木希林さんとの貴重なエピソードを明かす。

 プライベートでは11歳の時に両親が離婚、中学2年生の時には、共に暮らしていた母が何も言わずに出ていくという衝撃的な少女時代を過ごしたと話す風吹さん。貧しく苦境にあった中学時代に学んだ人生の教訓も語る。

 番組は、インタビューの名手、阿川さんが、俳優、女優、タレント、スポーツ選手、文化人らを招き、トークを繰り広げる。ゲストのお気に入りの曲も紹介している。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る