検索
連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」に出演する田中みな実さん。第1話の一場面(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
1 / 6

連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」に出演する田中みな実さん。第1話の一場面(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

田中みな実:ニットミニワンピで美脚見せ… 怪演も話題の「M」ファッションに注目

 フリーアナウンサーの田中みな実さんの“怪演”も話題の連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分/ABEMAで全話配信)。第3話が5月2日に放送されるのを前に、田中さん演じる狂気を秘めた眼帯の秘書・姫野礼香のファッションに注目した。今回は第1話の着こなしをピックアップする。

 ドラマは、小松成美さんの同名小説(幻冬舎文庫)が原作。歌手の安斉かれんさんと俳優の三浦翔平さんのダブル主演で、激動の音楽業界を駆け抜けるアユ(安斉さん)と、レコード会社「A VICTORY」の設立者でプロデューサーのマサ(三浦さん)の愛や葛藤を描き、田中さんは卑怯(ひきょう)な手段を駆使してアユをいじめ抜く役どころだ。

 第1話の初登場シーンでは、白をベースにしたボタニカル柄のシャツワンピース風の着こなしで、黒の太ベルトでウエストマーク。ほんのり透け感もあり、女性らしい着こなし。ディスコでマサに寄り添うシーンでは、黒をベースにした派手めなプリントのワンピース姿だった。

 ベージュのニットミニワンピ姿で登場したシーンでは、テーブルに座って組んだ美脚を披露。真っ赤なネイルとゴールドの華奢(きゃしゃ)なネックレスを合わせて妖艶な雰囲気を醸し出しつつ、ぶどうの実を手にして、「私の目の代わりになるって言ってくれたよね…!」などとマサに迫る振り切った演技を見せていた。ほかにも、胸元に透け感のあるレースのワンピースにベージュ系のジャケットを羽織った着こなしも披露していた。

 第3話では、絶対にソロデビューさせると宣言したマサが、アユをアーティストとして育てることを決め、「作詞」という課題を与える。そしてついに、礼香がアユに宣戦布告する……という展開になるといい、田中さんの演技と共にファッションにも注目したい。

写真を見る全 6 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る