検索
主演映画「水曜日が消えた」の配信舞台あいさつイベントに登場した中村倫也さん(C)2020「水曜日が消えた」製作委員会
1 / 6

中村倫也:一人七役で話し相手おらず「スーパー寂しかった」 舞台経験も糧に

Twitterでシェア

 俳優の中村倫也さんが6月20日、東京都内で、主演映画「水曜日が消えた」(吉野耕平監督)の「配信舞台あいさつイベント」に登場した。同作で一人七役に挑戦した中村さんは「脳のストレッチをしているみたいで楽しかった」と話しつつ、「(撮影中は)スーパー寂しかったです。雑談できる出演者がいる日の方が少なかったので。スタッフさんが準備をしている中で、僕は和室にずっと座っていたような気がします」と舞台裏を明かした。

 また7人の演じ分けについて「筋肉の使い方というか、生きている人の体の使い方が分かると、声のイメージも出てくる。舞台とかやっていたのは大きいかもしれないです。毎日コンディションが異なる舞台の中で、調整して探ってというのをやってきたので、その経験が生きているかもしれないですね」といい、「……もういいですよ、僕のことは」と照れ笑いを浮かべた。

 映画は、一人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている“7人の僕”が主人公。そのうちの最も地味でつまらない、通称“火曜日”の視点を通した物語が描かれる。5月15日の公開を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期され、6月19日に公開された。女優の石橋菜津美さん、アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーで女優の深川麻衣さん、バンド「ゲスの極み乙女。」の休日課長さんらも出演している。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る