検索
資生堂が「マスク着用時の前髪×眉のポイント」で紹介しているアレンジ例。左から「ショートバング×毛並明るめ眉」「ふんわり斜めバング×眉尻すっきり眉」「シースルーバング×ふんわり太眉」
1 / 1

マスクメーク:シースルーバングには太眉、斜めバングには眉尻すっきり 「前髪×眉」のポイントは

Twitterでシェア

 資生堂がこのほど、「マスク着用時の前髪×眉のポイント」を公開した。マスク着用時の印象の決め手となる「前髪×眉」のバランスのとり方と仕上げ方のコツを、前髪ありと前髪なしの場合、それぞれで解説している。今回は前髪ありのポイントを紹介する。

 マスク着用時は、前髪で眉を覆い隠してしまうと表情が分かりにくく、暗く寂しげな印象になりがちなため、前髪は「厚みの調整」「長さ」「立体感」がポイントだという。抜け感のあるシースルーバングや、眉より上のショートバング、どちらか一方に流した斜めバングなどがおすすめで、そのアレンジ例として「シースルーバング×ふんわり太眉」「ショートバング×毛並み明るめ眉」「ふんわり斜めバング×眉尻すっきり眉」を紹介している。

 ◇「シースルーバング×ふんわり太眉」はナチュラルで軽やかな印象

 ナチュラルで軽やかな印象のシースルーバングには、太めの眉がおすすめという。前髪は、眉が透けるくらいに前髪の分量を少なめにし、スタイリング剤で束感を出すのがポイントで、具体的な方法は以下の通り。

 (1)指先全体にスタイリング剤をなじませてから、減らす分の前髪の厚みをサイドに流し、なじませる。

 (2)指先に少量のスタイリング剤を付け、毛を少しずつつまむように塗布し束感を出す。

 眉は前髪の透け具合によってはやや寂しい印象に見えてしまうこともあるため、パウダータイプのアイブローでふんわりと太めに描く。

 ◇アクティブで可愛らしい印象の「ショートバング×毛並み明るめ眉」

 「ショートバング×毛並み明るめ眉」の前髪は「長さ」がポイント。アクティブで可愛らしい印象のショートバングは、切り口をそろえ過ぎず動きを付けると取り入れやすくなるという。具体的な方法は以下の通り。

 (1)前髪をカットする場合はハサミを縦に入れ、毛先がそろい過ぎないようにするのがポイント。 前髪の長さが眉より下の場合でも、アイロンを使って毛先をクルッと内側に巻くことで短く見せることができる。

 (2)指先全体にスタイリング剤を付け、手ぐしで前髪をとかしほぐすように塗布する。

 眉は前髪のアクティブな印象に合わせて、毛並みを生かしつつ明るめな眉色で軽やかに仕上げるのがおすすめとのこと。アイブローマスカラで1本1本、毛並みをとかして仕上げていく。

 ◇ソフトで知的な印象の「ふんわり斜めバング×眉尻すっきり眉」

 「ふんわり斜めバング×眉尻すっきり眉」の前髪は、「立体感」がポイント。知的な印象の斜めバングはタイト過ぎると地味に見えてしまうこともあるため、表面にふんわりと立体感を出すと良いのだそう。具体的な方法は以下の通り。

 (1)マジックカーラーを平行に2段に巻き、ふんわりした内巻きに。2段に分けることで、立体的なカールを作ることができる。

 (2)スタイリング剤を指と指の間につけ、前髪の内側から手ぐしを通すように塗布する。

 (3)指でつまむように、前髪をどちらかのサイドに流す。

 眉はペンシルタイプのアイブローで眉尻をしっかり描き、洗練された印象に仕上げる。ペンシルタイプで眉を描くのが苦手な場合は、眉毛を1本1本、植えつけるように描くと自然に仕上げることができる。

 「マスク着用時の前髪×眉のポイント」は、同社が実施した夏のマスク着用に関するインターネット調査の結果を受けて発表された。同調査では、新型コロナウイルスの感染拡大前と比べて、1回あたりに使用するポイントメークのアイテム数を減らしているという回答が49.2%にのぼり、なかでも、「口紅・リップグロス」を減らしている人が87.6%、「ほおべに・チーク」を減らしている人が64.8%という結果だった。一方、眉毛用メークを減らしたという回答は7.3%で、マスク着用時も眉のメークを重視する人が多いことが分かった。調査は6月9~10日、18~59歳の女性520人を対象に行われた。

*……

ビューティー 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る