検索
資生堂が紹介しているオレンジとラメを使用したメーク(左)とブルー、グリーンを使用したカラーメーク
1 / 4

資生堂が紹介しているオレンジとラメを使用したメーク(左)とブルー、グリーンを使用したカラーメーク

マスクメーク:夏メークは目元が主役! オレンジでトレンド感、ブルー系で爽やかさを 資生堂がポイントを解説

 資生堂がこのほど、マスク着用時の「夏メイクを楽しむポイント」を公開した。マスクによってリップやチークなどのパーツが隠れがちになるため、マンネリ化しがちなメークに、「色」と「質感」で変化をつける方法を紹介。オレンジとブルー&グリーン系のアイテムを使った2種類の夏メークを紹介している。

 ◇オレンジでトレンド感、ラメで立体感を出し印象的な目元に

 一つ目は、オレンジ系のアイシャドー1色で仕上げた、トレンド感を意識したメーク。最後に大粒のラメを重ねて瞳をキラッと輝かせることで、印象に残る目元になるという。また 普段使っているブラウンやベージュなどのアイメークにプラスしてイメージチェンジしたい場合は、大粒のラメのアイシャドーを重ねるだけでも、光の効果で目元に立体感を出すことができる。目元メークのポイントは以下の通り。

・淡いオレンジ系アイカラーをアイホール、下まぶた全体につけひろげる。クリームタイプのアイカラーを使用するとラメの付きが良くなる。

・ラメの入ったアイシャドーをまぶた中央と下まぶたに入れて目元に輝きをプラス。

・アイライナーはブラウンで目のフレームを自然に際立たせ、まつ毛はウオータープルーフタイプのマスカラでしっかり上げる。眉はやや強めに描き、モードな印象に仕上げる。

 ヘアスタイルは、前髪に透け感を与えて軽やかな印象に仕上げると、立体感と輝きのある目元のメークが際立つという。

 ◇ブルーやグリーンの爽やか&鮮やかカラーメーク

 二つ目はブルーやグリーンを使ったカラーメーク。カラーメークは色合わせが難しく敬遠しがちという人でも、マスク着用時はリップやチークなどの色のバランスを考えなくても良いため、アイメークの色を思い切り楽しむことができる。大部分が白色などのマスクで覆われるので、アイメークの色を際立たせる効果も。普段のアイシャドーにプラスしてブルーやグリーンなどのカラーライナーを入れたり、色味が鮮やかなアイシャドーをアイラインとして重ねたりして、爽やかな色の目元メークを楽しむのがおすすめという。目元メークのポイントは以下の通り。

 ・肌なじみの良いベージュ系アイカラーをアイホール全体になじませる。

 ・黒のアイライン、マスカラで目元をパッチリと仕上げる。

 ・濃いめのグリーンやブルーのアイカラーを、黒目の上から目尻にかけてアイラインのように細めに重ねる。

 ・眉はふんわりとした太眉でソフトな印象に仕上げることで、目元を主役にしたメークに仕上がる。

 ヘアスタイルは、トレンドアイテムのカチューシャなどを使って顔周りをすっきりさせると、色で楽しんだ目元が際立ち、暑い夏の時期もすっきりと過ごせるのでおすすめという。

 「夏メイクを楽しむポイント」は同社が実施した夏のマスク着用に関するインターネット調査の結果を受けて発表された。同調査では、マスク着用時のメークについて「自分のしたいメイクがしづらくなり残念」という回答が20.4%あったほか、夏の外出時にマスクを着用する際「マスクをするとメイクが決まらない」という回答が14.6%寄せられた。調査は6月9~10日、18~59歳の女性520人を対象に行われた。

写真を見る全 4 枚
Twitterでシェア

ビューティー 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る