検索
映画「人数の町」の場面写真(C)2020「人数の町」製作委員会
1 / 16

今週のイケメン:中村倫也、一人七役の舞台裏明かす&主演映画公開決定 中川大志の新CMが放送開始 後編

Twitterでシェア

 1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(6月16~22日)は、俳優の中村倫也さんが映画のイベントに登場した話題、中村さんが映画に主演するニュース、俳優の中川大志さんが出演するCMが公開された話題などが注目された。前後編で取り上げる。

 中村さんが6月20日、東京都内で開催された、主演映画「水曜日が消えた」(吉野耕平監督)の「配信舞台あいさつイベント」に登場した。同作で一人七役に挑戦した中村さんは「脳のストレッチをしているみたいで楽しかった」と話しつつ、「(撮影中は)スーパー寂しかったです。雑談できる出演者がいる日の方が少なかったので。スタッフさんが準備をしている中で、僕は和室にずっと座っていたような気がします」と舞台裏を明かした。

 また7人の演じ分けについて「筋肉の使い方というか、生きている人の体の使い方が分かると、声のイメージも出てくる。舞台とかやっていたのは大きいかもしれないです。毎日コンディションが異なる舞台の中で、調整して探ってというのをやってきたので、その経験が生きているかもしれないですね」といい、「……もういいですよ、僕のことは」と照れ笑いを浮かべた。

 映画は、一人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている“7人の僕”が主人公。そのうちの最も地味でつまらない、通称“火曜日”の視点を通した物語が描かれる。この日のイベントは、事前に収録した舞台あいさつの模様を、当日限定で劇場で“配信”するという形式で行われた。

 中村さんの主演映画「人数の町」(荒木伸二監督)が、9月4日に公開されることが18日、分かった。衣食住が保証され、快楽をむさぼる毎日を送ることができる謎の“町”を舞台にしたディストピア・ミステリーで、公開されたポスタービジュアルと場面写真では、顔に傷を負った中村さんらの姿が写し出されている。

 中村さん演じる借金で首の回らなくなった蒼山が、謎の“町”住人となり、そこで出会う人々との交流を経て“町”の謎に迫っていく。石橋静河さん、立花恵理さん、山中聡さんらも出演する。

 中村さんは同作について「こういった角度の矢印を持った日本映画は、今までなかったかもしれません」と話し、「時間がたって、撮影当時のことなども思い出していくと、『もしかしたらちょうど今、世に出るべき作品なのかもしれないな』と感じています。僕にとって早く見てもらいたい作品、というより、早く反応を知りたい作品、です」とコメントを寄せている。

 中川さんが、俳優の神木隆之介さん、女優の松本穂香さんと出演するauのCMシリーズ「意識高すぎ!高杉くん」の新CM「アルバイター」編が22日、公開された。コンビニでアルバイトをしている高杉くん(神木さん)と細杉くん(中川さん)が、買い物に来た松本さん(松本さん)とコミカルなやりとりを繰り広げる。同日から放送中。

 新CMでは、松本さんがコンビニでレジ打ちしている高杉くんに遭遇。そこへ細杉くんも現れ、松本さんが購入しようとする消しゴムを「温めますか?」と聞いてくる。松本さんがau PAYで支払いすると、高杉くんと細杉くんは「いただきました~」「au PAY!」「たまりました~」「Pontaポイント!」と大喜び。松本さんが店を出ると、細杉くんが敬礼をして「休憩入ります、バイトリーダー」と高杉くんに声をかける……と展開する。

イケメン 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る