検索
「ミセス・インターナショナル2020」の日本代表に選ばれた和嶋真以さん
1 / 1

ミセス・インターナショナル2020:日本代表に34歳、2児の母・和嶋真以さん 選出されて「とても幸せ」

Twitterでシェア

 既婚女性を対象にした世界規模のビューティーコンテスト「ミセス・インターナショナル2020」の日本大会が6月29日、東京都内で開催され、15人のファイナリストの中から、東京都在住で、パーソナルトレーナー、2人の娘の母親でもある和嶋真以(まい)さん(34)が日本代表に選ばれた。取材に応じた和嶋さんは、選出された心境を「とてもうれしく思っています。この日を目指して、5カ月間頑張ってきたので、とても幸せです。応援してくれた家族、引っ張ってきてくれたディレクターに感謝しています」と声を弾ませていた。

 和嶋さんはトレーニングサロンを運営しており、コンテストに応募したきっかけを「お客様にもっと還元するために、本物の美を学べると思ったので応募しました」と明かした。また世界大会が7月24、25日に、米テネシー州キングスポートで予定されており「(候補者の)みんなの気持ちを背負っているので、できることを精いっぱいやりたいと思います」と意気込んでいた。

 また今年度、初めて授与される「ミセス・インターナショナル2020パンパシフィック賞」に洞口千加さん(39)が選出された。洞口さんは選ばれたことに「とてもびっくりしています」といい、「(学生時代)不登校だったころ、家に迎えに来てくれた先生に報告したいです」と顔をほころばせていた。

 「ミセス・インターナショナル」は米国で40年の歴史がある、既婚女性のための慈善事業団体「ミセス・インターナショナル・ページェント」が主催。「ミセス・インターナショナル2020」の日本大会は新型コロナウイルス感染防止のため無観客で開催され、大会の模様は有料でライブ配信された。候補者たちは大会でフィットネスウエア審査、イブニングガウン審査、スピーチ審査に挑んだ。

 この日は20~70歳代の年代別コンテスト「ミズ・ファビュラス」、シングルマザーが対象の「ミズ・グレース」も同時に開催され、20代の部門で武生玲奈さん(22)、30代の部門で太田真理子さん(32)、40代の部門で河合志保さん(41)、50代の部門で飯野浩世さん(54)、60代以上の部門で鈴木まことさん(62)、シングルマザーの部門で松田千枝子さん(52)がグランプリに選ばれた。

ビューティー 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る