検索
特別展「きもの KIMONO」に展示されるYOSHIKIさんがデザインを手がける「YOSHIKIMONO」(C)YOSHIKIMONO 2020 SS COLLECTION
1 / 3

特別展「きもの KIMONO」に展示されるYOSHIKIさんがデザインを手がける「YOSHIKIMONO」(C)YOSHIKIMONO 2020 SS COLLECTION

YOSHIKI:着物ブランドが東博の特別展に登場 信長や秀吉着用の着物や国宝絵画とともに

 人気ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIさんがデザインを手がける着物ブランド「YOSHIKIMONO(ヨシキモノ)」が、東京国立博物館平成館(東京都台東区)で6月30日に開幕した特別展「きもの KIMONO」(8月23日まで)に、現代を代表するきもの作品として展示されている。

 YOSHIKIさんは「デザイナーとして、このブランドを立ち上げて10年以上の月日がたちました。現在、海外からのオファーをいただくことも多くなりましたが、このように着物文化発祥の地である日本、そして、この格式ある東京国立博物館に展示されることを本当に光栄に思っています。いつも応援してくれているファンの皆さんのおかげだと思っています。ぜひ、見ていただければうれしいです」とコメントを寄せている。

 本展では、信長・秀吉・家康・篤姫など歴史上の著名人が着用したきものや、尾形光琳直筆の小袖に加え、きものが描かれた国宝の絵画作品、さらに現代デザイナーによるきものなど約300件の作品を一堂に展示。鎌倉時代から現代までを通史的に総覧するかつてない規模の展覧会となる。

 呉服屋の長男として生まれ育ったYOSHIKIさんがデザイナーを務める「YOSHIKIMONO」は、現代女性や外国人にも似合うきものを目指し、テーマに掲げるのは『伝統と革新の融合』。きものという伝統的な日本の衣装形態を継承し、その美意識を尊重しつつ、現代性を持つコレクションを発信し続けている。

 「YOSHIKIMONO」は、「800年以上を生き抜き、今なお新たなファッション・シーンを繰り広げる『きもの』を、現代を生きる日本文化の象徴として展覧し、その過去・現在・未来を見つめる機会とする」という同展のコンセプトにふさわしいことから、展示されることになった。「YOSHIKIMONO」は、今年2月から英国ロンドン・ヴィクトリア&アルバート博物館の着物展でも、アレキサンダー・マックイーンやイブ・サンローランなど著名デザイナーによる作品と肩を並べて展示されている。

写真を見る全 3 枚
Twitterでシェア

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る