検索
資生堂の化粧品ブランド「ベネフィーク」の新ミューズに就任しオンライン発表会に出席した安藤サクラさん
1 / 7

安藤サクラ:34歳で肌にも変化 スキンケアは「水を飲むのと同じように」 「ベネフィーク」新ミューズに就任

Twitterでシェア

 女優の安藤サクラさんが資生堂の化粧品ブランド「ベネフィーク」の新ミューズに就任し、9月15日に開催されたオンライン発表会に出席した。美容や健康について悩んだことがあるかと聞かれると「あります! (今年)34歳で、やっぱりいろんな変化がありますね。肌をこすっちゃうことがある。そうすると、乾燥しちゃったりするんですよね」と自身の年齢に触れつつ、悩みを明かした。

 悩みの克服法を聞かれると「分からないんです」と正直に話し、「だから資生堂の皆さんにいろんなことを聞いて、学ばせてもらっていました。やっぱり保湿は大事ですね。この年齢で遅いですけど、きちんとスキンケアを始めて良かったなと思っています」と語った。

 また「スキンケアとは、特別な付き合いというよりも、朝お水を飲むのと同じように付き合っていくようにしました。自分の肌とじっくり向き合い、きちんと肌に触れることから始めました。まずは自分の肌と向き合うことが私らしい美容だと思います。自分の声に正直になることでしょうか」と普段、実践しているスキンケアについて語った。

 安藤さんは今回のミューズ就任について「私は、資生堂さんの華やかな感じとは遠いところにいるような気がしていたので、意外に思いましたし、皆さんも意外に思ったのではないでしょうか」と思いを明かし、「私なりに自分らしい生活の中での美容というものを伝えていきたい」と意気込んだ。

 発表会では演出に、リアルタイムCG合成撮影システムを活用。安藤さんは同ブランドの化粧水「ベネフィーク リセットクリア」のボトルをCG合成で表現した空間に登場した。

ビューティー 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る