検索
1 / 2

高橋文哉:「仮面ライダーゼロワン」終了で「自分が一番“ロス”」 朝ドラにも意欲

Twitterでシェア

 8月30日に最終回を迎えた特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」で、主人公・飛電或人(仮面ライダーゼロワン)を演じた俳優の高橋文哉さんが、9月5日にオンラインで配信された大型ファッションイベント「第31回マイナビ 東京ガールズコレクション(TGC) 2020 AUTUMN/WINTER ONLINE」に出演し、イベントの合間に取材に応じた。高橋さんは「今日、(ゼロワンの)告知がない、ということが寂しくて。日常に何か足りない感じ。穴がぽかーんと開いてしまった、というか……」と明かし、「自分自身が一番“ロス”ですね」とほほ笑みながらも、正直な心境を語った。

 高橋さんは同作が放送された1年を振り返り、「根本的に、全部変えていただいたなと思います」と成長を実感している。

 「最初はお芝居というものが分からなくて、台本をいただいて、そのせりふを読んで……ということしかできなかった僕が、現場で監督などにアドバイスをいただいて、「台本になくても『この(シーンの)前、何をしていたんだろう』とか、いろいろ考えるようになって、すごく役が作りやすくなり、せりふも言いやすくなりました。考えるのがまた、楽しくて。お芝居するのが怖かったり、不安でいっぱいだったけど、素直に楽しめるようになった。それが1年での大きい成長かなと思います」と笑顔を見せた。

 今後、挑戦したい役に「御曹司」や「サイコパス」を挙げ、「自分と真逆の役がやりたいので。笑いながら人を刺せるようなぶっとんだ役をやると新鮮だろうなと思います」と笑う高橋さん。あこがれの俳優は窪田正孝さんといい、「お芝居がすごく細かいんです。窪田さんの血管のお芝居が魅力的で、横顔の(血管が)がぴくぴくって動いてせりふを言うのを見て、『おおっ』と思いました」と独自の視点で語った。

 理想とする俳優の姿については、「関わってくれるすべてのみなさまを、僕の芝居で表現することができれば。作品を引っ張れるお芝居、主役の方を立てるお芝居、そういうお芝居ができるようになったら、役者として本当に幸せなことだと思います」と話す。

 特撮ドラマと同じく、撮影期間が長い作品といえばNHK連続テレビ小説(朝ドラ)。高橋さんは「もちろん出てみたいですけど、大変だろうなって。(長いスパンの)大変さを経験したので」と苦笑しつつ、「もっと自分に磨きをかけていきたいので、オーディションがあれば受けたいです」と意欲も見せていた。

 この日のTGCでは、ハイネックのニットにフリンジシャツを重ね着するなど秋らしいコーディネートでランウエーを歩いた。今年2月に続いて2回目の無観客での開催となったが、「これもアリだなと思えてきました」と言う。

 「お客さんが入るとどうしても、こっちを向いて、こっちを向いて……となるんですけど、今日は僕、目線をまっすぐ、カメラがある方に向けていたんです。(オンラインだと)お客さんたちから見れば、レンズ越しではありますが出演者のみなさんと目を合わせられる。みなさんにも喜んでいただけるし、僕自身もやっていてやりやすく、楽しいなと思いました」と振り返った。

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る