検索
福士蒼汰さんが表紙を飾った電子ライフスタイル雑誌「GOODA」創刊9周年号の表紙
1 / 11

福士蒼汰さんが表紙を飾った電子ライフスタイル雑誌「GOODA」創刊9周年号の表紙

今週のイケメン:福士蒼汰、デビュー10周年も「挑戦し続けたい」 高橋文哉が憧れの学園ドラマ 白洲迅は“ヘタキュン”ラブストーリー 後編

 1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(9月15~21日)は、俳優の福士蒼汰さんが電子雑誌に登場した話題、特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日系)で、主人公・飛電或人/仮面ライダーゼロワンを演じた俳優の高橋文哉さんが新ドラマに出演するニュース、俳優の白洲迅さんが新ドラマに主演するニュースなどが注目された。前後編で取り上げる。

 福士さんが表紙を飾った、電子ライフスタイル雑誌「GOODA(グーダ)」(ブランジスタ)の創刊9周年号となるVol.55が9月16日、公開された。福士さんは巻頭グラビアとインタビューにも登場。インタビューでは、まもなくデビュー10周年を迎えるにあたり「挑戦し続けたいです。自分らしさを忘れずに、良い意味でみなさんの期待を裏切るような個性も出していきたいですね。自分の中にあるバランス感覚を大切に、求められていることを追求していきたいと思います」と語っているほか、趣味の語学の習得術や、最近ハマっているという食事法ついても話している。

 また、福士さんは放送中の主演連続ドラマ「DIVER-特殊潜入班-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)で、犯罪者を撲滅するためには手段を選ばない、極悪非道で冷酷な潜入捜査官役を演じている。「潜入捜査官をテーマにした作品はほかにもありますが、今回の潜入シーンはとてもナチュラルで、シーンが変わると突然に大学生になっていたりします。あくまで悪を裁く、潰すという捜査の過程の中で潜入が描かれます。だから、回によっては大学が舞台の青春ドラマが始まったかのように錯覚するかもしれません。僕も完全に大学生になりきっているので、二重人格の役柄を演じているような感覚です」と明かしている。

 高橋さんが、田中圭さん主演で10月31日からスタートする連続ドラマ「先生を消す方程式。」(テレビ朝日系、土曜午後11時)に出演することが19日、分かった。田中さん扮(ふん)する教師・義澤経男を追い詰めようとする生徒たちを止めるD組の生徒で、学園一の優等生・藤原刀矢を演じる。

 ドラマは、東大進学率も高い、都内の進学校・帝千学園が舞台。成績優秀者がそろう3年D組には、実は大人を追い詰め、壊れていく姿をゲームのように楽しむ生徒が集っていた。田中さん演じる新たな担任・義澤経男は、生徒たちから何をされても“笑顔”で指導を続けるが、やがて生徒たちの行動はエスカレートしていき、義澤を殺す計画が立てられる……というストーリー。

 高橋さんは今年19歳で、「20歳までに学園ドラマに出演するのが目標だったので、『仮面ライダーゼロワン』という大きな作品を終えた今、夢がかなってうれしいです」と喜び、「今回はライダーと違う視点で“正義”とは何か、伝えていきたいと思います」と意気込んでいる。高橋さんのほかに、久保田紗友さん、森田想さん、高橋侃(なお)さん、秋谷郁甫さんも出演する。

 白洲さんが、ABCで10月25日からスタートする連続ドラマ「僕らは恋がヘタすぎる」(関西ローカル)に、女優の川島海荷さんとダブル主演することが15日、分かった。電子書籍配信サイト「コミックシーモア」の少女マンガレーベル「恋するソワレ」で連載中の橘えいこさんの同名マンガが原作で、恋に不器用な大人たちの姿を描く“ヘタキュン”ラブストーリー。

 白洲さんは、経営コンサルタントをしている口が悪くストレートな性格の成田洋介、川島さんは人に気を使いすぎる優しい性格で、簡単に自分を犠牲にしてしまう藤原花を演じる。白洲さんは「成田はとても純粋な男だなと思います。思いやりが強いからこそ、人に対して真正面から正論を言ったり、怒ったり。そんな成田を熱く演じられたらと思います」とコメントを寄せている。

 ドラマは、ABCで新設されるドラマ枠「ドラマ+(プラス)」(毎週日曜午後11時55分~深夜0時25分)の第1弾作品。全7話で、テレビ神奈川でも同27日から毎週火曜午後11時に放送される。地上波放送後、動画配信サービス「Hulu(フールー)」などで配信される。

写真を見る全 11 枚
Twitterでシェア

イケメン 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る