検索
来春放送をスタートするNHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」に出演する「King & Prince」の永瀬廉さん
1 / 5

来春放送をスタートするNHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」に出演する「King & Prince」の永瀬廉さん

King & Prince永瀬廉:モテモテ漁師役を「自分らしく楽しんで演じたい」 浅野忠信と親子に NHK朝ドラ初出演へ

 人気グループ「King & Prince」の永瀬廉さんが、来春、放送をスタートするNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」に出演することが、明らかになった。抜群に運動神経がよく気配りのできる性格で、とにかくモテるという漁師、及川亮を演じる。永瀬さんが朝ドラに出演するのは今回が初めて。「プレッシャーもありますが、自分らしく楽しんで演じていきたいです」とコメントしている。また亮の父親で元カリスマ漁師の及川新次を俳優の浅野忠信さんが演じることも明らかになった。

 ドラマは、女優の清原果耶さん演じる、1995年生まれの永浦百音(ももね)が主人公。宮城県・気仙沼の自然豊かな島で育った百音は、中学時代はアルトサックスに打ち込み、高校卒業と同時に同県登米(とめ)市の森林組合で働き始め、やがて気象予報士を目指していく……というストーリー。天気と向き合う仕事を通じて、人々に“幸せな未来”を届けていくという。

 永瀬さんが演じる及川亮は、百音の同級生。父・新次が、百音の父・耕治と親友で、百音とは幼少時からウマが合い、気心が知れた仲。高校卒業後、すぐに漁師見習いとして漁船に乗り始める。モテるが、それを意に介せずひょうひょうと振る舞っているという役どころ。

 永瀬さんは「まさか自分が朝ドラに出演させていただけるとは思っていなかったので、驚きとともに、この作品の一部になれることがとても光栄です」とコメント。「気仙沼は、まだ行ったことがないのですが、本作を通じて気仙沼という地域を見て、触れて、感じて、その土地で起きた出来事にしっかりと寄り添いながら、一瞬一瞬を大切に、キャスト、スタッフの皆さんと撮影期間を過ごしていきたいと思います」と意気込んでいる。

 ほかに百音の同級生役で、女優の恒松祐里さん、兄弟お笑いコンビ「まえだまえだ」の兄で俳優の前田航基さん、男性ユニット「EBiDAN(エビダン)」の高田彪我(ひょうが)さんが出演することも明らかになった。

写真を見る全 5 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る