検索
映画「十二単衣を着た悪魔」の完成報告会に出席した三吉彩花さん
1 / 9

映画「十二単衣を着た悪魔」の完成報告会に出席した三吉彩花さん

三吉彩花:黒木瞳から熱血指導 女優魂を称賛される「同業者としてすばらしい」

 女優の三吉彩花さんが10月20日、東京都内で行われた、女優の黒木瞳さんが監督した映画「十二単衣(ひとえ)を着た悪魔」(11月6日公開)の完成報告会に、黒木さんや共演者と出席した。三吉さんは、黒木さんから撮影前に個人的な熱血指導があったことを明かし、「セリフの発声からなめらかさ、強さ、高さを細かく(指導してもらった)。もう何回やってもらったことか」と感謝した。

 指導について、黒木さんは「嫌がられるんじゃないかと思うくらいやりました。すべてのものを教えたいと思ったので」と言い、「それに食らいついてくる強さ、女優魂をひしひしと感じていました。最後はご自分で殻を破って役を作ったのが見事。同業者としてすばらしいと感じていた」と絶賛。また三吉さんの十二単衣姿も「お似合い。あんなに十二単衣が似合うのは三吉ちゃん以外いない」と称賛を惜しまなかった。

 映画は、内館牧子さんの長編小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」(幻冬舎文庫)が原作。就職試験59連敗中の実家暮らしのフリーター・伊藤雷が、ひょんなことから「源氏物語」の世界にトリップし、陰陽師として奮闘する……というストーリー。主人公の伊藤雷を伊藤健太郎さんが演じ、時代劇に初挑戦した。三吉さんは息子を帝位に就けるため雷を登用する、弘徽殿女御(こきでんのにょうご)を演じた。

 三吉さんは「ここまで強い女性を演じたのは初めて。息子のため、誰かのために愛情を持って何を犠牲にするのか、台本を呼んでその姿勢についていきたいと感じました。瞳さんから(弘徽殿女御の)熱い思いを聞かせてもらって、だんだんと愛着が湧いてきましたね」と振り返った。

 報告会には伊藤健太郎さん、伊藤沙莉さん、山村紅葉さん、笹野高史さん、LiLiCoさんも出席した。

写真を見る全 9 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る