検索
「第53回ミス日本コンテスト2021」のファイナリストの松井朝海さん
1 / 8

ミス日本コンテスト2021:ファイナリストの松井朝海さん 超ミニボトムで自慢の美脚をアピール 「夢はモデル」

Twitterでシェア

 「第53回ミス日本コンテスト2021」のファイナリスト紹介記者発表会が12月7日、東京都内で開催され、ファイナリスト13人がお披露目された。ファイナリストは来年1月25日に実施される最終審査でグランプリを目指す。ファイナリストの一人で、競艇の松井繁選手の娘・松井朝海さんは「幼いころからのファッションモデルになるという夢をかなえたい」とコメント。「幼いころから自分の体形には自信があり、一度に何ポーズもとるほど写真を撮られるのが好きだった」と超ミニボトムで自慢の美脚をアピールした。

 松井さんは「(モデルになるのは)厳しい世界だとあきらめていました。ですが最近、初めてランウエーを歩いたときの高揚感や神秘的な雰囲気、すべてが楽しくて周囲からは『あの時の朝海は本当に輝いていた』と言われて、夢をあきらめたくないと思いました」と明かし、「これからはミス日本の経験をもとに、さらにパワーアップをしてファッションモデルになるという夢をかなえます」と語った。

 また「モーターボートレーサーで王者と呼ばれている父から、努力や、挑戦を継続する大切さを学びました」と振り返り、「父の職業柄、昔から海には親しんでいました。もちろんグランプリを目指しているのですが、(同コンテストの)『ミス日本「海の日」』も興味がございます。父と私で海を制覇したいなと思っています」と意欲を見せた。

 「ミス日本コンテスト」は「日本らしい美しさ」を目指し、容姿だけでなく心の持ちようや社交性など幅広い人間性を問うコンテスト。1950年から開催され、これまでに女優の山本富士子さんや藤原紀香さんらを輩出している。

 今大会のファイナリストには、NHK-BSプレミアムの子供番組「みんなDEどーもくん!」にレギュラー出演した日達舞さん、今回の最年少で高校生の飯村さやかさんらも選ばれた。最終審査ではファイナリストが着物とドレス、今大会からこれまでの水着に代わって新設されるスポーツウエアでの審査に挑む。

ビューティー 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る