検索
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のヒロインに決まった(左から)上白石萌音さん、川栄李奈さん、深津絵里さん (C)NHK
1 / 1

深津絵里:「数字の重みに責任」 上白石萌音&川栄李奈と朝ドラ初の3人ヒロイン

Twitterでシェア

 女優の深津絵里さんが、2021年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」で、女優の上白石萌音さん、川栄李奈さんと共にヒロインを演じる。朝ドラ初の3人ヒロインで、上白石さんと深津さんは初の朝ドラ出演。また、上白石さんと川栄さんはオーディションで3061人の中から選ばれたという。

 105作目となる朝ドラで大役に起用された深津さんは「105という数字の重みに責任を感じています。これまでお一人でヒロインを務めてこられた方々の覚悟を想像すると、尊敬の念しかありません。でも、今回は3人です! あふれる魅力全開の、萌音さんと李奈さんと一緒なら怖いものなし! とてもとても心強いです」とコメント。「脚本の藤本(有紀)さんから生み出される、それぞれの時代の女性を、3人できらきらと輝かせていけたらと思います。今日も、また明日も。毎朝8時にお目にかかれるのを楽しみにしております」と期待していた。

 「カムカムエヴリバディ」は、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代を描く。上白石さんは祖母の安子(やすこ)役、深津さんは母るい役、川栄さんは娘ひなた役として、母から娘へとバトンをつなぐ。

 京都、岡山、大阪が舞台。戦争で夫と死に別れ、娘を置いて米国に渡るしかなかった安子。親と英語を憎みつつも、ジャズソングに救われて自分の人生を切り開いたるい。時代劇の世界に憧れながら、回り道をしつつ、ラジオ英語講座に自分の居場所を見つけていくひなた。3人はラジオで英語を聴き続けることで、それぞれの夢への扉を開いていく……というストーリー。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る