検索
1月14日放送のトーク番組「徹子の部屋」に出演する岸本加世子さん=テレビ朝日提供
1 / 3

1月14日放送のトーク番組「徹子の部屋」に出演する岸本加世子さん=テレビ朝日提供

岸本加世子:父の介護でキックボクシングが役立った? 向田邦子さんとのエピソードも 「徹子の部屋」で明かす

 女優の岸本加世子さんが、1月14日に放送される、黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系、月~金曜午後1時)に出演する。岸本さんは父を介護する生活や、脚本家の向田邦子さんとの思い出を語る。

 昨年末に還暦を迎えた岸本さんは現在、仕事の傍ら83歳の父を介護中。3度の脳梗塞(こうそく)を経て高次脳機能障害となった父は、水道や扉の閉め忘れなど、自宅にいても目が離せないと語る。一時は父の入浴介助も行っていたといい、その際に役立ったのが50歳で始めたキックボクシングだと話す。また、昨年はビートたけしさんからもらった愛犬・姫子ちゃんががんになったといい、父と愛犬の介護に追われた一年を振り返る。

 さらに岸本さんは、1981年に台湾での飛行機事故のため亡くなった脚本家・向田邦子さんとの思い出話も披露。岸本さんがデビュー間もない17歳の頃から、向田さんは「女優として私が育てる」と、可愛がってくれたといい、亡くなる2日前に向田さんが岸本さんにかけた言葉も語られる。

写真を見る全 3 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る