検索
1 / 12

岩田剛典:達筆ぶりに新田真剣佑もほれぼれ 「ものすごくかっこよかった」

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の岩田剛典さんが1月19日、東京都内で行われた映画「名も無き世界のエンドロール」(佐藤祐市監督、29日公開)の大ヒット祈願イベントに、共演者らと出席した。同作に込めた思いを書にしたためることとなり、「絆」と力強い文字を披露。その達筆ぶりで、新田真剣佑さんらを「すごく上手!」と驚かせた。

 岩田さんはこれまでに習字を習ったことがないといい、「めちゃくちゃ緊張しました」と苦笑いを見せながらも、「この作品の一つの大きなテーマが、人と人の繋がり、絆。この作品を一言で表すなら、この文字しかないと思った」と吐露。新田さんは筆をふるう岩田さんを見て「ものすごくかっこよかったです」とため息まじりに語り、「習われているのかと思っていました。びっくり。素晴らしい」とほれぼれ。岩田さんは「ありがとうございます。照れくさいな、なんか」と恥ずかしがっていた。

 またコロナ禍において、絆を感じた出来事や、絆を深めるために意識していることを聞かれると岩田さんは、「なかなか会いたい人に会えない時代だからこそ、久しぶりに連絡を取る友達が増えた」といい、「中学校の同窓会をリモートでやった。見た目が変わっちゃった人もいたけれど、会話すると当時の関係にすぐ戻る」としみじみと話していた。

 イベントには、山田杏奈さん、中村アンさん、佐藤祐市監督も出席した。

 映画は行成薫さんの同名小説(集英社)が原作。親がいないという共通点を持つキダ(岩田さん)とマコト(新田さん)は幼なじみ。そこに同じ境遇の転校生・ヨッチ(山田さん)も加わり、3人は支え合いながら共に成長していった。しかし、20歳の時にある事件が起こり、数年後、キダは裏の社会に潜り込み“交渉屋”として暗躍。マコトは表の社会で貿易会社社長としてのし上がっていく。2人は大切な幼なじみへの思いを胸に、自らの運命を変えた不条理な世の中に復讐(ふくしゅう)するため、10年の歳月を費やして“ある計画”を企てていた……というストーリー。

写真を見る全 12 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る