検索
映画「すばらしき世界」のプレミア上映イベントに出席した長澤まさみさん
1 / 9

映画「すばらしき世界」のプレミア上映イベントに出席した長澤まさみさん

長澤まさみ:「ものすごくきれい」役所広司からの美貌絶賛に満面の笑み

 女優の長澤まさみさんが1月21日、東京都内で行われた映画「すばらしき世界」(西川美和監督、2月11日全国公開)のプレミア上映イベントに、主演の役所広司さん、仲野太賀さんと共に登場。役所さんから「ものすごくきれい」と美貌を絶賛され、満面の笑みを見せる一幕があった。

 映画は、直木賞作家・佐木隆三の小説「身分帳」を原案に、西川監督が舞台を約35年後の現代に置き換えて挑んだ問題作。役所さん演じる13年ぶりに出所した元殺人犯を、長澤さんと仲野さん扮(ふん)するディレクターと若手テレビマンがネタにしようともくろむが……というストーリー。

 劇中の役柄にちなみ、長澤さんと仲野さんがリポーターに扮(ふん)して役所さんへ直撃インタビューを行い、自身の印象を役所さんに質問。役所さんが、長澤さんについて「きれいですよ〜、あの人は。ものすごくきれい」と即答すると、長澤さんは「ありがとうございます!」と白い歯をこぼした。

 続けて役所さんは「(劇中で長澤さんが演じた役は)いつもきれいなドレスを着ていて、すごいハイヒールを履いている。で、(自身が演じたキャラが)ディレクターが逃げるところを追いかけていくんですけど、あのハイヒールであのスピードで走るってすごいなと思った」と回顧。さらに「仲野太賀くんにディレクターが啖呵(たんか)切るシーンがあります。試写を見たとき、思わず『そのとおり!』と拍手したくなるような素晴らしいシーンでした」と長澤さんの演技を褒めたたえた。

 長澤さんは「とても緊張しました。私は撮影日数が数日で、割とドライで鋭い役柄だったので、緊張感に負けないようにしなきゃと思ったら余計緊張しました。撮影は必死で取り組んでいて、あんまり記憶がないです(笑い)。(役所さんと仲野さんと)3人でお話することができて、それがとても楽しかった」と振り返り、映画について「きっと見ている人に自分の普段思っている何かモヤモヤした晴れない気持ちを、どこか救ってくれるような作品」と語っていた。

 この日のイベントには西川監督も出席。昨年行われた「第56回シカゴ国際映画祭」で、役所さんが受賞した最優秀演技賞にあたる「ベストパフォーマンス賞」と、同作に贈られた観客賞の受賞トロフィーもお披露目された。

写真を見る全 9 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る