検索
連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」に出演する吉田羊さん(C)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
1 / 4

連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」に出演する吉田羊さん(C)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会

吉田羊:ジェーン・スー役のオファーに「正直、尻込み」 國村隼と父娘役で連ドラダブル主演

 女優の吉田羊さんが、4月9日に放送をスタートするテレビ東京の連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」(金曜深夜0時12分)に、俳優の國村隼さんとダブル主演することが明らかになった。ドラマはラジオパーソナリティーでコラムニストのジェーン・スーさんが、自身と父についてつづった同名エッセーが原作。吉田さんはスーさんがモデルの主人公・蒲原トキコを、國村さんはその父・蒲原哲也を演じる。

 吉田さんは「言葉豊かで聡明なジェーン・スーさんを、私のようなものが演じさせていただいていいものかと正直、尻込みしました」とオファーを受けた際の戸惑いを明かしつつ、「けれど、読ませていただいた原作と脚本がとてもすてきで、何より、スーさんとお父様がとっても可愛くて、この親子の魅力を、私を通じて皆さまにお伝えできたらと、願うような気持ちでお引き受けいたしました」と出演の経緯を語っている。

 「生きるとか死ぬとか父親とか」は、娘の父への愛憎と家族の表裏を描いた物語。蒲原トキコ(吉田さん)は20年前に母を亡くし、今では父の蒲原哲也(國村さん)がたった一人の肉親。愛嬌(あいきょう)はあるが破天荒な70代の父と、独身で勝ち気な40代半ばの娘は絶縁寸前になったころを経て、今では時々、外食して話をする関係になっている。トキコは父についてのエッセーを連載することになり、ネタ集めのため、父に会う度にいろいろな家族の思い出を聞く。しかしそれは楽しい記憶ばかりではなく、母との出会い、全財産の喪失、そして他の女性の影も……というストーリー。

 スーさんがラジオ番組で悩み相談をしていることから、劇中にはトキコがパーソナリティーを務めるラジオ番組の「お悩み相談のコーナー」が登場。ラジオシーンのせりふはすべてスーさん監修のもと制作される。トキコが夫婦関係や友人関係、SNS社会や見た目の悩みまで、さまざまな悩みを切れ味のいい言葉で解決する様子も、ドラマの見どころとなる。

写真を見る全 4 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る