検索
スペシャルドラマ「エアガール」に出演する(左から)伊原六花さん、藤野涼子さん、広瀬すずさん、山崎紘菜さん、中田クルミさん=テレビ朝日提供
1 / 6

スペシャルドラマ「エアガール」に出演する(左から)伊原六花さん、藤野涼子さん、広瀬すずさん、山崎紘菜さん、中田クルミさん=テレビ朝日提供

伊原六花:CA役でレトロな制服姿に 広瀬すずの同僚でSPドラマに出演

 “バブリーダンス”で話題となった大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテンで、女優として活動する伊原六花(いはら・りっか)さんが、3月20日午後9時から放送される広瀬すずさん主演のスペシャルドラマ「エアガール」(テレビ朝日系)に出演する。ドラマは戦後初のCA(キャビンアテンダント)=“エアガール”を目指した女性たちを描く作品で、伊原さんは、広瀬さん演じる主人公・佐野小鞠の同僚を演じる。山崎紘菜さん、中田クルミさん、藤野涼子さんも同僚役で出演。レトロな雰囲気のCAの制服を着たビジュアルも公開された。

 ドラマは、中丸美繪さんの「日本航空一期生」(中公文庫)が原案。終戦後、敗戦国となった日本はGHQに一切の航空活動を禁止されており、日本人が日本の空を飛ぶことは許されていなかった。そんな苦難の時代に、日本の空を取り戻すべく奮闘した人々や、戦後初のCAを目指した女性たちを描く。

 伊原さんが演じるのは、最年少で“エアガール”の採用試験をパスした川村陽子。「決まったときはすごくうれしかったです」と出演を喜び、「まずは、脚本を読んで時代背景をしっかり勉強しなきゃと思い、原案となった作品をしっかり読むなどの準備をしました。時代背景を学び、陽子のモデルになった方の性格を読み込んだら、脚本がスッと自分の中に入ってきました」とコメント。

 撮影について「すっごく楽しかったです! みなさん本当に優しくて面白くて、撮影の合間も控室でよくおしゃべりしました。みんなで励まし合いながら頑張るところは、エアガールたちと共通する部分があるので、見てくださる方にも伝わるのではないかと思います」と話している。

 広瀬さんも「エアガールのみんなと一緒のシーンは、すごく楽しかったです。実は、私は仲良くなると笑いを取りにいきたくなるタイプなのですが、意外と全員がそんな感じだったので一気に仲良くなりました。待ち時間にはみんなでしゃべって、洗剤や入浴アイテムの情報交換など、そんな会話までするようになりました。すごくいい“空気感”だったなと思います」と話している。

写真を見る全 6 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る