検索
2月24日に放送される「徹子の部屋」に出演する田中みな実さん=テレビ朝日提供
1 / 3

2月24日に放送される「徹子の部屋」に出演する田中みな実さん=テレビ朝日提供

田中みな実:「嫌いな女子アナ」上位の局アナ時代、フリー転身の背景、写真集ヒット秘話も 「徹子の部屋」初出演で語る

 フリーアナウンサーの田中みな実さんが、2月24日に放送される、黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系、月~金曜午後1時)に初出演する。田中さんは7年前にフリーに転身した際の決断の背景や、累計発行部数60万部を超えるベストセラーとなったファースト写真集の秘話などについて語る。

 田中さんは2014年にTBSを退社し、フリーに転身。昨年は、2019年12月に発売したファースト写真集「Sincerely yours...(シンシアリー ユアーズ)」(宝島社)の大ヒットに始まり、田中さんが雑誌などで紹介した物が飛ぶように売れる「田中みな実買い」現象が起き、さらに昨年春に放送された連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(同局系)での怪演も大きな話題になった。

 番組で田中さんは、7年前にフリーに転身した際の決断を下した背景には、両親の支えがあったことを明かす。また、TBS時代は「ぶりっ子」と言われ、嫌いな女子アナランキングの上位になることもあったが、当時は、“それも込みの出演料”と本人は割り切っていたものの、祖父母の顔が浮かぶと申し訳ない気持ちになっていたという。

 写真集が発売される際は、売れるかどうか不安になっていたところ、家族が写真集を知人に宣伝。田中さんは大量にサインをすることになったというエピソードを語る。また、帰国子女である田中さんの幼少期の話や、黒柳さんからのむちゃぶりもあるという。

写真を見る全 3 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る