検索
映画「砕け散るところを見せてあげる」の完成報告舞台あいさつに登場した中川大志さん
1 / 12

映画「砕け散るところを見せてあげる」の完成報告舞台あいさつに登場した中川大志さん

中川大志:北村匠海との共演に喜び 同じ事務所に所属し「小学生のときから一緒に…」

 俳優の中川大志さんが3月1日、東京都内で行われた、女優の石井杏奈さんとダブル主演を務める映画「砕け散るところを見せてあげる」(SABU監督、4月9日公開)の完成報告舞台あいさつに、石井さんや北村匠海さんら共演者と登場した。中川さんは、同じ芸能事務所に所属する北村さんとの共演を「小学生のときから一緒にレッスンを受けたりしていて。ただ、ちゃんと一緒の作品で一緒にやる(共演する)、ということは実はなかったので、自分が主演でやらせてもらう作品に、匠海が出てくれたというのはすごくうれしかった」と喜びを明かした。

 北村さんは、中川さんと石井さんについて「同世代として、主演の2人を誇りに思いました」と語り、「この映画で描かれる2人の愛が痛々しいし、でも誰も触れられない、入れない、2人だけのきれいで美しい愛情というのを見て、僕も涙が出ました。『真っ赤な嵐』という役で、ちょこっとですけど参加できて、少しでも2人を支えられたことをうれしく思います」としみじみ語った。

 中川さんと石井さんは、原田知世さんからも「主演のお二人がとにかくすばらしい」と言われるなど、共演者から絶賛され、石井さんは「好きな役者のみなさんの言葉がすごくうれしくて。役者を仕事にして生きていてよかったなと、本当に幸せに思っています。作品の撮影が終わったあと、すごく抜け殻のような状態になって。それぐらい全力を尽くしたんだったんだなと思いました」とコメント。

 中川さんは「二十歳になったばかりのときに撮っていたんですど、10代のときの気持ちや、大人と子供の狭間(はざま)の瞬間にしかできなかったことをいっぱい監督に切り取っていただけたんじゃないかと思っています。大切な作品だし、宝物のような映画で、成長させてもらった作品」と感慨深い表情で語った。
 
 映画は、竹宮ゆゆこさんの同名小説が原作。普通の高校3年生の濱田清澄(中川さん)は、“学年一嫌われ者”と呼ばれて孤立していた1年生の蔵本玻璃(石井さん)を、いじめの手から救い出そうとする。次第に2人は心の距離を縮めていくが、玻璃には誰にも言えない秘密があり、清澄にも恐るべき危険が迫る……というストーリー。

 舞台あいさつには井之脇海さん、松井愛莉さん、矢田亜希子さん、堤真一さん、SABU監督も出席した。

写真を見る全 12 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る