検索
「第7回カバーガール大賞」の「メンズ部門」大賞の平野紫耀さんが飾った表紙
1 / 1

平野紫耀:「これからもカッコいい平野紫耀をお届けできたら」 カバーガール大賞「メンズ部門」2連覇 グループでの撮影の裏側も告白

Twitterでシェア

 2020年1~12月に発売された雑誌など約1万誌の中で、表紙を飾った回数が多かった女性に贈られる「第7回カバーガール大賞」が3月4日、発表され、人気グループ「King & Prince」の平野紫耀(しょう)さんが「メンズ部門」の大賞に決定した。平野さんは昨年に続き同賞2連覇。

 平野さんは「ありがとうございます! 今回もたくさんの雑誌の表紙を飾らせていただけて、とてもうれしいです」と受賞を喜び、「これからも感謝の気持ちを忘れずに、一つ一つの撮影に臨んでいきたいと思います!」と話している。

 また「ファンの皆さんに求めていただけるから雑誌の表紙を飾ることができるので、このような賞をいただくたびに皆さんへの感謝の気持ちがますます強くなりました」と語り、「これからもこのような賞をいただけるように、皆さんから求めていただけるように、カッコいい平野紫耀をお届けできたらと思います。これからも精進していきます!」とコメントしている。

 このほか、表紙撮影にまつわるエピソードも披露。メンバーなど複数人での表紙撮影と、個人での表紙撮影の違いについて聞かれると「カメラマンさんによって表情の指示をいただくときとそうでないときがあるので、複数人の撮影で指示がない時は周りがどういう表情をしているのかを、まず確認します。そして『(同グループメンバーの)岸(優太)君は体を前に向けているから僕はハスに構えていよう』など周りに合わせて全体のバランスを考えながら撮影に臨んでいます」とグループでの撮影の裏側を明かした。

 また「スタジオでの撮影も好きなのですが、青空の下で外の空気を吸いながら撮影するのは、より笑顔になれて自然体の自分を出せるので、ロケの撮影は大好きです!」と話している。

 「カバーガール大賞」は、3月4日の「雑誌の日」を記念して、2015年に創設され、今年で7回目。書籍通販サイト「Fujisan.co.jp」で取り扱いのある雑誌、フリーペーパー、電子雑誌などを対象に集計され、発表は、日本雑誌協会、富士山マガジンサービス、マガジンサミット、カバーガールTVによるカバーガール大賞実行委員会が行っている。グループなど複数人で登場した表紙も、それぞれの出演回数に数えられている。今年の総合1位となる大賞は沢口愛華さんが受賞した。

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る