検索
バラエティー番組「あざとくて何が悪いの?」に出演する片寄涼太さん(左)と山下美月さん=テレビ朝日提供
1 / 6

バラエティー番組「あざとくて何が悪いの?」に出演する片寄涼太さん(左)と山下美月さん=テレビ朝日提供

乃木坂46山下美月:「あざと連ドラ」最終回、片寄涼太と見届ける 松本まりかの新企画では田中みな実が白旗?

 アイドルグループ「乃木坂46」の山下美月さんが、バラエティー番組「あざとくて何が悪いの?」(テレビ朝日系、土曜午後9時55分)の3月6日放送回にゲスト出演する。同日の放送で最終話を迎える番組内の連続ドラマ企画「あざと連ドラ」に主演してきた山下さんは、スタジオに初登場。スタジオメンバーやゲストのダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんとともに、連ドラの最終回を見届ける。

 「あざとくて何が悪いの?」は、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さんと、フリーアナウンサーの田中みな実さん、テレビ朝日の弘中綾香アナウンサーが出演し、ミニドラマを基に“あざとい女子”について語り尽くすバラエティー。

 番組内で放送してきた「あざと連ドラ」は、「あざとい女性は幸せになれるのか?」がテーマの連ドラ企画。山下さんと、恋愛リアリティーショー「オオカミくんには騙(だま)されない」に出演したKaitoさんがダブル主演を務めてきた。これまで、女子大生・さくら(山下さん)が、「あざとい」が通用しないミステリアスな後輩・ツバサ(Kaitoさん)の出現によって、心が揺れていく様子を描いてきた。最終話では、さくらに“あざカワ人気女子”でいることを強要し続けてきた彼氏・エイト(佐伯亮さん)とツバサの間で揺れていたさくらの選択が明らかになる。

 スタジオでは山下さんが「私のファンの方はだいたい全員が浅野ファンなんですよ」と明かし、劇中の地味男子・浅野がダークホースに浮上。最終回が放送されると、その結末にスタジオメンバーが「え~っ!?」と驚き、弘中アナが思わず頭を抱える姿も映し出される。

 このほか、新企画「『松本まりかはあざといのか?』 完全密着の記録」もスタート。同番組で“唯一無二のあざとさ”を見せつけ、番組MC陣から「まりか様」とあがめられてきた、女優の松本まりかさんに密着する。

 初回は、約1年ぶりという松本さんの休日に密着し、「ちょっと引っ越したくなっちゃって……」という、松本さんの突然の物件探しに同行する。物件探しでは、「感じてしまったの」「なんか息が吸いたかった、私」など、松本さんが名言を連発。山里さんが「今、物件に抱かれてなかった!?」と目を見開き、田中さんも白旗を上げる事態に。山下さんは「映画を見ているような気分になりました!」、片寄さんも「すごいものを見た!」と話し、その独特の雰囲気に魅了される。

写真を見る全 6 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る