検索
次世代を担うアナウンサーを発掘するコンテスト「第1回学生アナウンス大賞」のグランプリに選ばれた檜垣すみれさん
1 / 24

学生アナウンス大賞:初代グランプリに関西外大2年・檜垣すみれさん 「めざましテレビ」「CanCam」出演へ

Twitterでシェア

 全国の大学生・大学院生を対象に次世代を担うアナウンサーを発掘するコンテスト「第1回学生アナウンス大賞」の最終審査と表彰式が3月23日、東京都内で行われ、有田みかん大使2019を務めた経験のある、関西外国語大学英語国際学部2年の檜垣(ひがき)すみれさんがグランプリに輝いた。副賞として生放送の情報番組「めざましテレビ」の学生リポーター就任と、女性ファッション誌「CanCam(キャンキャン)」(小学館)の誌面出演が予定されている。

 檜垣さんは「まさかグランプリをいただけると思っていなかったのでとてもうれしいです」とコメント。“めざまし学生リポーター”への意気込みを「自分がまさかそんなリポーターができると思っていなかったんですけど、せっかくの機会なのでいいものが届けられるように頑張りたいです」と語った。

 また今後について「将来はアナウンサーとして視聴者のみなさまに、よりよいものを届ける最後の役目として番組を支える、そんなアナウンサーになりたいと思っています。たくさん経験を積んで、一歩でも近づけるように頑張りたいです」と話した。

 「学生アナウンス大賞」は全国の大学生にアナウンサーを目指すきっかけを与えるため、今年発足したコンテスト。フジテレビが運営するアナウンストレーニング講座「アナトレ」が全面協力し、アナウンサーの仕事に触れる機会を全国の大学生に提供する。

 参加条件は大学生・大学院生であることのみで、今回は1000人以上のエントリーがあり、書類審査、オンラインのグループ面談、カメラテストで勝ち残ったファイナリスト10人がこの日行われた最終スピーチに挑んだ。グランプリの副賞はほかに「アナトレ」受講権、ウェブサイト「モデルプレス」の出演権が贈られる。

 グランプリ以外の賞として、フジテレビアナトレ賞は同志社大学経済学部2年の東中健(ひがしなか・けん)さんと摂南大学経済学部2年の高橋大悟(たかはし・だいご)さん、モデルプレス賞は東京大学教養学部1年の神谷明采(かみや・あさ)さんと檜垣さん、CanCam賞は早稲田大学文化構想学部2年の渡邉結衣(わたなべ・ゆい)さんが選ばれた。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る