検索
バラエティー番組「日曜日の初耳学」に出演するローラさん=MBS提供
1 / 3

バラエティー番組「日曜日の初耳学」に出演するローラさん=MBS提供

ローラ:日本語が理解できず…過酷な幼少期を告白 “あのフレーズ”のルーツやLAでの仕事、生活も 「初耳学」で語る

 モデルでタレントのローラさんが、5月2日午後10時15分に放送されるバラエティー番組「日曜日の初耳学」(MBS・TBS系)に出演する。ローラさんは対談企画「インタビュアー林修」に登場。自らのルーツや、壮絶な過去、気になる現在の仕事や生活をありのままに語る。

 650万人超のインスタグラムのフォロワー数を誇り、現在は米ロサンゼルスを拠点に活動するローラさん。生まれてすぐにバングラデシュに渡り、6歳で帰国し、日本の小学校に入学したと、幼少期を振り返る。当時は日本語が理解できず、人とコミュニケーションをとることができなかったといい、その過酷な日々を告白する。ローラさんがよく口にするあのフレーズのルーツも明らかになる。

 また雑誌「ViVi」(講談社)の専属モデルとしてデビューし、2010年にバラエティー番組に進出し大ブレーク。2015年、年間300本のテレビ出演をこなしていた絶頂期に突如、ロサンゼルスに移住を決め、日本のテレビから姿を消した。番組では、ローラさんの決断の裏にあった“人生を劇的に変える”ある出来事が語られる。

 さらに、バングラデシュの大自然の中で育った原体験を持つローラさんが、今、起業家として取り組んでいるという、“環境”に対する試みも明かされる。ファッションで環境を変えられないかと一念発起。自らベトナムに飛び、大手ジーンズメーカーと交渉を重ね作り上げたという“エコなデニム”についても語る。

写真を見る全 3 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る