検索
エッセー「わたしが幸せになるまで」(幻冬舎)についてリモート会見した吉川ひなのさん(提供 幻冬舎)
1 / 10

エッセー「わたしが幸せになるまで」(幻冬舎)についてリモート会見した吉川ひなのさん(提供 幻冬舎)

吉川ひなの:第3子妊娠中 性別は「産んで自分の目で確かめたい」

 モデルでタレントの吉川ひなのさんが5月13日、ハワイの自宅から同日発売されたエッセー「わたしが幸せになるまで」(幻冬舎)のリモート会見を行い、妊娠中の第3子について語った。性別は確認していないといい、「産んで自分の目で見て(性別を)確かめたいなと思っています。本当に楽しみなんです。どっちが生まれてきてくれるのか」と目を輝かせた。

 また「名前も考えていない。少しずつベビーのものは用意しているんですが、男の子でも女の子でも大丈夫なそうなものしか用意できていない。なんとなくどっちかなという予想はあるんですが、こればっかりは生まれてこないと分からないので。こんなふうにできることがうれしい」と話した。

 同書は吉川さんが、今まで明かしてこなかった過酷な生い立ちや、芸能界で感じていた葛藤、ハワイへ移住した理由や9歳の娘と3歳の息子の独自の子育て方法まで、ありのままの暮らしをつづった。ハワイの自然や吉川さんの写真も掲載されている。発売前に3度の重版が決まり、累計発行部数は5万5000部に達したという。1540円。

 「今まで照れくさくて出せなかった」という人生初のマタニティー写真も掲載。「おなかができる限り大きくなってから撮りたいなと思ったので、本に載せられるぎりぎりの日に、夫と海に出かけて、彼に撮ってもらって。撮ってすぐ編集の方に送りました」と明かした。

 また同日、ナチュラルコスメの開発や販売などを行う「アマラ」の代表取締役に就任することも発表された。

写真を見る全 10 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る